auが「INFOBAR xv」大幅値下げ、末永く使えるデザインプロダクトがお手ごろ価格に

このエントリーをはてなブックマークに追加



違いの分かる大人向けのデザインプロダクト「INFOBAR xv」をauが値下げしました。詳細は以下から。

KDDI公式通販サイト「auオンラインショップ」によると、INFOBAR xvが値下げされています。


5万1840円だった本体代金が3万2400円に。毎月割適用後の実質負担額は1万6200円で、今なら専用ソフトケースも付きます。


それでは軽くINFOBAR xvをおさらい。INFOBARを復刻するにあたって最も困難だった「当時のようなサイズのディスプレイを作っているメーカーがない」という点を、KDDIプロダクト企画部の砂原哲氏をはじめとした開発スタッフが総力を挙げて見つけ出した3.1インチWVGA液晶を備えることで解決しました。


かつてのINFOBARシリーズでなし得なかったフレームレステンキーを実現。アドレス帳・メール・カメラ・ウェブへのショートカットキーや十字キー、通話ボタンなどを備えました。


UIにはINFOBAR 2を再現したものを採用しています。

実機を触ってみたところはこんな感じです。

スマホやタブレットと組み合わせて運用する前提のため、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信などはオミット。代わりにスマホと連携してSiriやGoogleアシスタントを呼び出す「スマホ音声アシスタント呼び出し機能」やWi-Fi、テザリング機能などを備えています。

卓上ホルダも付属。目覚まし時計としても使えます。


あえて通話、メール、LINEや+メッセージでのチャットなどに機能を絞ったガラホにしたことで、陳腐化が早いスマホと違って末永く使い続けられるプロダクトとなったINFOBAR xv。SNSから距離を置き、疲れを癒す「デジタルデトックス」を目指したモデルでもあります。


さらにFMラジオ機能も搭載。災害時の備えになるだけでなく、卓上ホルダと組み合わせれば、おしゃれなラジオとしても使えます。


カラーバリエーションはNASUKON(茄子紺)、NISHIKIGOI(錦鯉)、CHERRY BERRY(チェリーベリー)の3色。


暗いところでのキーバックライトの色を見ると、また評価は変わるかもしれません。詳細はこちらの記事でお楽しみ下さい。


・関連記事
「格安Xperia」爆誕、auがハイエンドモデル「Xperia XZ3」をありえない処分価格に | BUZZAP!(バザップ!)

3万円台突入で大人気の「Xiaomi Mi9」速攻レビュー、ソニーの4800万画素カメラやSnapdragon 855搭載の格安スマホに | BUZZAP!(バザップ!)

色選びを迷う人に届けたい「INFOBAR xv」追加レビュー、キーバックライトで雰囲気激変&隠しコマンドでクレジット表示も | BUZZAP!(バザップ!)

「INFOBAR xv」製品版を一足先に開封レビュー、11月29日発売がついに決定 | BUZZAP!(バザップ!)

「INFOBAR xv」実機を速攻レビュー、INFOBAR 2ライクなインターフェースはファン感涙 | BUZZAP!(バザップ!)

15周年で原点回帰したau「INFOBAR xv」速攻レビュー、末永く使えるデザインプロダクトに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 10万円級の高性能でお値段1/3のXiaomi「POCO F3」過去最安に、120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー搭載でゲーマー向けの液冷機構やワイヤレスイヤホンも
  2. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに
  3. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  4. 1万円台前半の格安タブレット「Teclast P20HD」や「Alldocube iPlay 40」値下げ、動画視聴もビデオ会議もカーナビ代わりにも活躍の本格SIMフリーモデル
  5. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に

モバイルに関連した楽天商品ランキング