色選びを迷う人に届けたい「INFOBAR xv」追加レビュー、キーバックライトで雰囲気激変&隠しコマンドでクレジット表示も

このエントリーをはてなブックマークに追加



まもなく発売されるINFOBAR xv。

「NISHIKIGOI」「NASUKON」「CHERRY BERRY」のどの色を選ぶか悩んでいる人もいるかと思われますが、明日10月31日から開催される「新・ケータイ INFOBAR 展」で実機が改めて展示されていたので、追加でレビューをお届けします。詳細は以下から。

展示されていたINFOBAR xv。


Buzzap!編集部スタッフが長年愛用してきた「INFOBAR 2」を並べてみたところ。インターフェースを再現しただけあって、INFOBAR 2を今なお愛用しているユーザーがそのまま乗り換えられるようになっています。


各機種とも本体カラーに合った壁紙などがプリインストールされ、時計の色も変えられるため、このような本体カラーを生かした待受画面を設定することも可能です。



そんなINFOBAR xvですが、本体カラーを見てみると「NISHIKIGOI」がダントツで目立つことがよく分かります。



KDDIによるとNISHIKIGOIの予約が集中しているとのことですが、色選びを迷っている人に見てもらいたいのが「キーのバックライトの色」。NISHIKIGOIのバックライトは白で、暗いところでは少し目に痛く感じる人がいるかもしれません。


しかしNASUKONはキーの色が濃いめの紺なのに対し、バックライトは明るめのブルー。やや暗めの室内などではかなり雰囲気が違って見えます。


やや明るいピンク系のバックライトが点灯するCHERRY BERRYも、大人しめの本体カラーと相まってかなりいい感じになりました。


明るめのところでもほんのり光るバックライトがいい感じ。ただ置いておいただけの時と、実際に使っている時で雰囲気が変わるというのも、デザインプロダクトならではのアプローチといったところでしょうか。


なお、「INFOBAR xv」はクラウドファンディングで、隠しコマンドを入力すると支援者の名前を表示できるコースが設定され、実に1067人が支援を表明しました。


「新・ケータイ INFOBAR 展」では隠しコマンドが入力されたINFOBAR xvが展示されていたため、実際にスクロールして見ましたが、スクロールが終わるまで要した時間は3分以上。まさに怒濤の長さです……。


ちなみに気になる隠しコマンドは2018年10月31日の「新・ケータイ INFOBAR 展」一般公開に合わせて公開予定。実際に入力して、その長さを体験してみて下さい。

・関連記事
INFOBAR xv発売記念の「新・ケータイ INFOBAR 展」を一足先にチェックしてきた記事まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【IDO】au厳選の60機種で携帯電話の歴史を振り返ってみた【セルラー】 | BUZZAP!(バザップ!)

今と全く異なる料金プラン、KDDI発足当時のauのカタログがすごい | BUZZAP!(バザップ!)

「INFOBAR xv」実機を速攻レビュー、INFOBAR 2ライクなインターフェースはファン感涙 | BUZZAP!(バザップ!)

15周年で原点回帰したau「INFOBAR xv」速攻レビュー、末永く使えるデザインプロダクトに | BUZZAP!(バザップ!)

au design projectの原点となったデザインケータイ「INFOBAR」レビュー、「INFOBAR 2」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加