【北欧通信 Vol.20】アイスランドのアートに満ちた静かな首都、レイキャビクを歩いてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加



短くも長い旅を終えて辿り着いたのは首都レイキャビク。賑わいの中にも独特の静けさを感じさせる街を歩いてみました。

人口35万人の国アイスランドの首都レイキャビク。人口は12万人で、日本で言うと東京の国分寺市や大阪の門真市辺りと同じ規模になります。

なお、郊外まで含めた広域レイキャビクの人口は20万人強となり、全人口のおよそ2/3が住んでいることに。


この街は単に小さいだけでなく、他のヨーロッパの古い石畳の景観を持つ街とは違い、比較的新しく、小さな建物が多いのが特徴です。高層建築などもありません。

理由はレイキャビクの大幅な近代化が行われたのが、第二次世界大戦中にイギリスやアメリカ合衆国ら連合軍が進駐した時だったことが挙げられます。日本が19世紀後半の明治維新まで近代化が行われていなかったことを考えると、なんとなく想像できるでしょうか。

レイキャビクの見所は、まずはシンクヴェトリル国立公園にその起源を持つ近代議会、アルシングでしょうか。これは1865年にレイキャビクに移され、現在も国会議事堂として使用されています。


重厚な石造りですが、非常にコンパクトなサイズです。


すぐ隣にあるのがドゥムキルキャン教会(レイキャビク大聖堂)。レイキャビク最古の教会で、国会の開会の際にまずこの教会でミサが行われるという重要な教会です。



アルシングとドゥムキルキャン教会前の公園です。彫像の台座にはストリートアートが。


「Love More」という文字が見えますね。


アルシングの脇を抜けて南に進むとチョルトニン湖という湖が広がっています。


のんびりしていて湖畔の様子も落ち着いています。


ここには彫刻家マグナス・トマソンの作品「無名の官僚へのモニュメント(Monument to an Unknown Bureaucrat)」が飾られています。


そしてやはり見所といえばアイスランドで最も高い建造物と呼ばれるのがハットルグリムス教会。

アルシング前の公園からハットルグリムス教会までは繁華街経由で徒歩15分ほど。ロイガヴェーグルという目抜き通りからスコーラヴォルズスティグールという通りに入って向かいます。



ご覧の通り、丘の上に立つ高さ74.5mの独特なフォルムを持つ教会で、塔の上まで昇るとレイキャビクを見渡すことも可能です。この日は既に観覧は終了していました。



最も栄えているロイガヴェーグル周辺を歩いてみます。建物や街の雰囲気を感じていただけるでしょうか。











少し静かなエリアに足を伸ばしてみました。







街中ではライヴやDJイベントなども頻繁に行われています。あの有名アーティストがふらりと遊びに来ていたといったエピソードを聞くことも。もちろん、まだ知らないアイスランドの新しい音楽を発見できるかもしれません。




街歩きの時に注目してみると面白いのが、あちこちに描かれるストリートアート。





人口12万人の街だとは信じられないほどに、色とりどりの豊かなアートが散りばめられています。





レイキャビクには博物館も美術館もありますが、街の風景に溶け込むこうした作品の数々を見て歩くのも一興です。







ということで、今回にて北欧通信は最終回となります。フィンランドは直行便も飛び、サウナブームもあってずいぶん近く感じる人も増えたかとは思いますが、アイスランドはまだまだ遠い憧れの国という人も多いのではないでしょうか。

いつか少し長めの休暇を取り、北欧へと足を伸ばそうと考える人の助けになれば幸いです。もしかしたらこんな素敵なライヴに出会えるかもしれませんしね。


Agetis Byrjun - A Good Beginning
Sigur Ros
Krunk (2019-07-05)
売り上げランキング: 84,339

・関連記事
【北欧通信 Vol.19】アイスランドの最も美しい山、カークワフェル山を目指しスナイフェルスネス半島へ | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vo.18】大西洋中央海嶺が地上に現われたアイスランド民主主義発祥の地、シンクヴェトリル国立公園 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vo.17】青く透き通る激流、アイスランドのブルーアルフォスの滝を巡る冒険 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.16】アイスランド環境運動発祥の地、グトルフォスの滝の大瀑布 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.15】世界一有名な間欠泉、アイスランドのゲイシール間欠泉を訪れました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.14】川がそのまま温泉!アイスランドのレイキャダルールが天国過ぎました【後編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.13】川がそのまま温泉!アイスランドのレイキャダルールまでトレッキングしてきました【前編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.12】アイスランドの誇る裏見の滝、セリャラントスフォスの滝をぐるりと回り込んでみました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.11】落差60m級の瀑布に圧倒されるアイスランド、スコゥガフォスの滝 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.10】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖とダイヤモンドビーチ【後編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.9】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ【前編】 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.8】世界最大の露天温泉、アイスランドのブルーラグーンを訪れました | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.7】アイスランドの自由で格安な歩き方、到着・出発編 | BUZZAP!(バザップ!)

【北欧通信 Vol.6】アイスランドの自由で格安な歩き方、事前準備編 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加