歯を自動修復できるジェルが開発される、もう詰め物は不要に?

このエントリーをはてなブックマークに追加



虫歯治療が根本から変わる可能性もありますが…日本で取り入れられるのはどれくらい先の話しになるのでしょうか?詳細は以下から。

虫歯を削った後や、すり減ってしまった歯の噛み合わせの調整のために詰め物をする。歯医者に掛かったことのある人には経験のある治療方法ではないでしょうか?

当たり前と思っていたこの治療を根本的に変えてしてしまいそうな治療法が誕生したようです。

中国の浙江大学でRuikang Tangさんらの研究チームが開発したのは、使用する事で自ら歯のエナメル質を修復することができる特別なジェル

これまでの詰め物は金属やセラミック、合成樹脂など、歯とは全く別の成分で作られていました。しかしこのジェルは実際のエナメル質を構成するカルシウムとリン酸塩を含んでおり、歯の自己修復機能を助けることができるとのこと。

口内の酸で痛み、患者から除かれた歯を用いた実験では、このジェルを塗って口内環境を再現した状態で48時間放置しました。

この間にジェルはエナメル質の成長を刺激し、顕微鏡による検査では通常のエナメル質に匹敵する高クオリティなカルシウムとリン酸塩の結晶が生成されたとのこと。


これは通常の歯の発達のメカニズムに近いものだとTangさんは考えています。

新たなエナメル質は3マイクロメートルで通常のエナメル質の1/400の厚さしかありませんが、継続的な使用によってレイヤー状に修復が可能とTangさんは指摘します。

これまでもこうした研究はありましたが、カルシウムとリン酸塩の結晶が大過ぎたため歯の表面に適切に付着できなかったとのこと。今回歯の表面にしっかりと層を構成できる大きさの結晶にできたことが大きなブレイクスルーと言えそうです。

現在はマウスを使った実験が始まっており、今後は人間での実験が行われることになります。食べたり飲んだりという日常生活を送りつつ、実際の口内環境の中で安全に機能するかをチェックするということ。

1回の使用で作られる層が通常のエナメル質の1/400の厚さとはいえ、毎日の習慣として使えればかなり有効なコーティングとして機能しそうです。歯磨きの後、毎晩寝る前に使用する形になるのでしょうか。

[医薬部外品]薬用シュミテクト PROエナメル マルチケアEX エナメルケア 歯磨き粉 90g
グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン (2017-02-27)
売り上げランキング: 1,046

・関連記事
違いは明らか、1年半の歯列矯正の経過を25秒に縮めるとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

家族に喫煙者がいる子供は虫歯の可能性が最大2倍以上に | BUZZAP!(バザップ!)

全ての歯を一度にきれいに磨ける「AI搭載マウスピース型電動歯ブラシ」の「BABAHU X1」を使ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

死にゆく人が人生で「やっておけばよかった」と後悔した37のこと | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフに関連した楽天商品ランキング