1分以内に極上トーストが焼ける「秒速トースター」が忙しい日本人に大人気に

このエントリーをはてなブックマークに追加



朝忙しいパン派の日本人にはこの上ない朗報になりそうです。詳細は以下から。

朝食はパン派、それも食パンで決まりという人は多いのではないでしょうか?調理の手間も少なく、それでいて美味しいトーストは忙しい日本人の朝にはぴったりの料理です。

ですが、思わず夢の世界に長居し過ぎて「いっけなーい! 遅刻遅刻!」と焼く暇もなく食パンをくわえて学校や会社にダッシュした思い出を持つ人も少なくないはず。

朝の1分は就寝前の10分にも匹敵する重要な時間。そんな1分を節約しつつ、極上のサクサクモチモチトーストを焼けてしまうトースターが誕生しました。

それがクラウドファンディングサイトMakuakeLITHON社がファンディングを先日終えたばかりの「秒速トースター」です。外はカリッ、そして中はふんわりとした食感の極上のトース卜を1分掛からずに焼くことが可能です。


通常のトースターでは2~4分掛かっていたところ、「秒速トースター」ではわずか58秒(標準的な「焼き目4」の場合)でトーストが可能。1分から最大で3分の時間を節約することが可能です。毎朝これだけの時間をショートカットできるだけで御の字ですが、これだけでは終わりません。


「秒速トースター」は食パンを焼くという一点に絞って作成されたポップアップトースター。独自のクロムヒーターによって最高温度400度以上という魚焼きグリル級の高火力で焼くため、わずか4%の水分しか蒸発させずにトーストできます。


これによって外サク中ふわの極上食感を実現。電気代もトースト1枚を焼くのに0.2円にまで抑えられます。厚めの4枚~6枚切りのパンに最適化されており、外と中の味わいの違いを楽しみたいパン派には嬉しいところ。


加えて好みの焼き目に合わせて自動で時間を調節するため、焦げすぎや生焼けといった朝の時間を奪うミスをなくすこともできます。説明動画は以下から。


なお注意点としては、1枚焼きのため2枚同時に焼くことがで来ません。ただし2枚目は45秒、3枚目以降は39秒で焼けるため、4枚焼いても3分足らず。結果的には朝の忙しい時間を節約できることになります。

「秒速トースター」は目標額100万円の4倍以上、約450万円を獲得してクラウドファンディングを成功させています。商品化は2020年の2月以降で、一般販売価格は税込み10000円を予定。


これから購入を考える人はLITHON社の公式ホームページから最新情報をチェックしてみてください。

・関連記事
その発想はなかった!淹れたてコーヒーで起こしてくれる目覚まし時計 | BUZZAP!(バザップ!)

料理が面倒くさい人にぴったり、包丁とまな板を合体させた画期的なキッチンバサミ | BUZZAP!(バザップ!)

コップ1杯の水を飲むことであなたの脳は14%加速する | BUZZAP!(バザップ!)

「冷薫」を驚くほど簡単お手軽に作成できるポータブル燻製マシン「グリーンハウス スモークメーカー」がすごい | BUZZAP!(バザップ!)

【昆虫食】食用ミールワームを卓上で大量飼育できるお手軽農場キット「Hive」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

グルメに関連した楽天商品ランキング