「冷薫」を驚くほど簡単お手軽に作成できるポータブル燻製マシン「グリーンハウス スモークメーカー」がすごい

このエントリーをはてなブックマークに追加



燻製の中でもハードルの高かった「冷薫」をこれ以上なくお手軽に作成できるポータブル燻製マシンを実際に試してみました。これはかなり革命的です。詳細は以下から。

自分で燻製を作りたい。料理好きやアウトドア好きの人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

実際に、現在では燻製マシンは多種多様なものが販売されており、鍋やダンボールを使って簡単に燻製を自作することが可能です。

ですが、その多くは下部でチップを燃やして上部に置いた材料を燻すため、燻製の中でも多かれ少なかれ熱の通る「熱薫」や「温薫」しか作る事はできませんでした。

つまり、スモークサーモンのような熱を通さない「冷薫」を作ることはできなかったのです。

自分で「冷薫」を作ろうとした場合には大がかりな燻製機が必要となるため、いわゆるライト層にとってはハードルが高かったのですが、「グリーンハウス スモークメーカー」を用いるとその「冷薫」を驚くほど簡単に作る事ができます。

こちらがその「グリーンハウス スモークメーカー」。オシャレな外箱に入っています。自宅での食事やおつまみにはもちろん、ホームパーティやアウトドアでも活躍できるとのこと。


外蓋を開けると使い方が書かれており、スモークメーカーと3種類の燻製用チップが同梱されているのが分かります。チップはサクラ、アップル、ヒッコリーです。


開封するとこんな感じです。



パイプを装着させるとこうなります。ちょっと不思議な見た目ですね。


レシピ集もあるのでこれを見てまずは作ってみるのもひとつの手です。



実際に使ってみましょう。まずは一番簡単とされているナッツの燻製です。スモークメーカー以外で準備するのは適当な大きさのジップロックとライターのみ。ナッツは100均で買ったものです。

スモークメーカーに電池を入れ、上部の網のところにひとつまみ(本当に少量で大丈夫です)のチップを載せます。


ナッツをジップロックに移し替え(そもそもジップ付きの袋なら入れ替えも不要)、パイプの端を差し込みできるだけ空気が漏れないようにジップを絞ります。



本体横のスイッチを入れ、ウィーンと音がしたら上部のチップの上でライターを点火します。無理をしなくても空気の流れで勝手にチップに火が付きますが、ライターを使い慣れていない方はチャッカマンなどを用いた方が無難かも知れません。


ジップロックが膨らみ、中の空気が白濁してきます。漏れ出した煙からは燻製の香りがします。



チップが大方燃え尽きたらスイッチを切り、パイプを外してジップをしっかり閉めます。満遍なく燻すために軽く振ってしばらく放置します。香りがキツすぎるのが苦手な人は冷蔵庫に入れるとよいとのこと。


3分から10分で完成です。この放置時間が長いほどしっかりと燻製の香りが材料につきます。あとはどのチップを使うか、チップの量によって香りの種類や強さに影響してきますので、自分の好みを探してみてはいかがでしょうか?

続いて応用編です。こちらでは100均のバットと専用の網を買ってあります。いろいろ役に立つので手に入れておいて損はありません。



今回使うのは生肉。肉はキッチンペーパーで軽く水気を取り、網を敷いたバットに重ならないように並べます。その上からラップを掛けます。


同じようにチップをスモークメーカーの網に載せてスイッチを入れ、ライターで火を付けます。



火が消えたらパイプを外し、ラップをしっかりと閉めます。こちらも3分から10分ですが、調理する時までそのまま冷蔵庫に放り込んでも大丈夫。



この後調理すると燻製の香りがふわりと漂い、BBQの下ごしらえにもぴったりです。また、この生肉の代わりにたらこやチーズ、ハムやソーセージ、干物に刺身用サーモンなどを使ってみてもよいでしょう。

「冷薫」で熱が通らないため、より柔軟にいろいろな具材を燻すことができてしまいます。

どちらの場合も残ったチップを刷毛で掃除し、ヤニを拭き取っておきましょう。繰り返し使う事を考えると、小まめなお手入れは大切です。



ということで、非常にコンパクトな上に簡単に「冷薫」を楽しめる上に、ライター以外の火を使わないため安全性も非常に高いという、これまでにない燻製マシンの登場ということになります。

なお、使うチップが少ないとはいえ、匂いはそれなりに出るためベランダなどで使うか、換気扇をしっかり回して使う必要がある事だけは注意が必要です。

もちろん燻製ガチ勢からすれば物足りないということになるかもしれませんが、ライト層が手軽に燻製を楽しむという観点から見れば革命的とも言えるマシンと言うことができます。

Amazonから5000円程度で購入可能なので、気になる方は試してみてはいかがでしょうか?

・関連記事
珍味中の珍味として知られる石川県名産「ふぐの卵巣糠漬け」を実際に調理してみました | BUZZAP!(バザップ!)
https://buzzap.jp/news/20180716-fugu-ranso-nukaduke/

秋田のJKに昔から大人気の「生グソ」を食べてきました | BUZZAP!(バザップ!)

栃木県民のソウルドリンク「レモン牛乳」がカレーになったので意を決して食べてみました | BUZZAP!(バザップ!)

【白ご飯の可能性をどこまでも追求してみよう】青の洞窟「蟹のトマトクリーム」編 | BUZZAP!(バザップ!)

残り物の総菜が最強にアゲアゲなご飯の友に大変身する「カツ焼き」を紹介しよう | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加