【速報】ワイモバイルが2019年秋冬スマホ発表、初のXperiaも

このエントリーをはてなブックマークに追加



ワイモバイルの秋冬スマホが発表となりました。詳細は以下から。

ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄がワイモバイルの2019年秋冬商戦向けの新商品として、ワイモバイルで初となるXperiaシリーズの「Xperia 8」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を含むスマートフォン4機種を、2019年10月下旬以降順次発売することが判明しました。

「Xperia 8」の他には防水・防じんなどに対応し、背景ぼかしやポートレート撮影が可能な「Libero S10」(ZTE製)や、超広角撮影を実現するデュアルレンズカメラを搭載した「S6」(京セラ製)、「IGZO液晶ディスプレー」と大容量バッテリーを搭載し、1週間の電池稼働を実現した「S7」(シャープ製)を、スマートフォンの新しいラインアップとして投入するとのことです。

各機種のスペックや本体画像は以下から。

・Xperia 8(ソニー製、2019年10月下旬以降発売)
「Xperia 8」はアスペクト比21:9となる約6インチフルHD+(2520×1080)の縦長大画面ディスプレイにSnapdragon630を搭載、4GB RAM、64GB ROMで重量は約170gです。

有効画素数約1200万画素と約800万画素のデュアルレンズカメラは背景ぼかしや光学2倍ズームにも対応し、サブカメラにはポートレートセルフィ機能を搭載しています。

加えて防水・防じん機能も高く、電池の消費を抑える「STAMINAモード」やバッテリーの劣化を抑える「いたわり充電」といった省電力機能も充実。



・Libero S10(ZTE製、2019年11月上旬以降発売)
「Libero S10」は約5.7インチフルHD+(2160×1080)ディスプレイにSnapdragon450を採用、3GB RAM、32GB ROMで重量は約165g。

防水・防塵対応はもちろん、濡れた手や手袋でも操作できる「ウェットタッチ」「手袋モード」に加えて画面を縮小して表示させる「片手モード」に対応し、3100mAhの大容量バッテリーで長時間のアウトドアでの使用にも最適。

有効画素数約1300万画素と約200万画素のデュアルレンズカメラを搭載し、背景ぼかしやポートレートモードなどでた高品質な写真撮影も可能に。



・S6(京セラ製、2019年12月中旬以降発売)
「S6」は約5.84インチフルHD+(1080×2280)にMediaTekのP35を採用。3GB RAM、32GB ROMで重量は約151gです。毎月OSやセキュリティのアップデートが保証されたAndroid Oneスマホのため安心して利用可能。

防水・防じんに加えて耐衝撃に加え、濡れた手や手袋でも操作できる「ウェットタッチ」「手袋モード」にも対応しておりバッテリー容量も3050mAhと充実。

有効画素数約1600万画素のカメラと、135度の超広角撮影が可能な約800万画素のワイドカメラを背面に搭載し、手ぶれ補正や背景ぼかし機能に対応するなど高品質な写真・動画撮影が可能。おサイフケータイにも対応しています。



・S7(シャープ製、2019年12月中旬以降発売)
約5.5インチフルHD+(2160×1080)のディスプレイにSnapdragon630を採用。3GB RAM、32GB ROMで重量は約167gです。

毎月OSやセキュリティのアップデートが保証されたAndroid Oneスマホのため安心して利用可能。濡れた手でもスムーズに操作でき、4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

消費電力を抑えつつ高精細能な「IGZO 液晶ディスプレー」を搭載する他、高い解像度や色の再現性を実現する独自技術で「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応。カメラは手ぶれ補正機能を搭載し、おサイフケータイも利用できます。



・関連記事
ワイモバイルが新プラン「スマホベーシックプラン」のデータ容量拡大、加入期間限定で「プランS」が4GBに | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルが新プラン「スマホベーシックプラン」発表、2年縛り撤廃で2年目値下げのはずが容量削減や実質値上がり | BUZZAP!(バザップ!)

【更新】Snapdragon 855搭載の「Xiaomi Mi9」まさかの3万3000円に、大容量モデルともども過去最安 | BUZZAP!(バザップ!)

UQ mobileが新料金「スマホプラン」発表、ずっと月額1480円&節約モードでワイモバイルを圧倒 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング