聴覚障害者が音楽を「身体で感じる」ことができるボディスーツ「Sound Shirt」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



音楽を文字通り「体感」するためのスーツが開発されています。聴覚障害者向けですが、リスニングデバイスとして考えるとかなりの応用の幅がありそうです。

耳が聞こえなければ音楽は楽しめない。確かにそうかもしれませんが、音が空気を震わせる振動である以上、耳だけでなく身体で感じることも可能なはず。

そんな発想から生まれたのが、ウェアラブル技術を応用した製品を作成するファッションテック会社CuteCircuitによるSound Shirtです。


Sound Shirtはハプティクスと呼ばれる触覚技術を用いた一連のセンサーを内蔵するウェアラブルデバイス。30のマイクロアクチュエータが生地に埋め込まれており、センサーがリアルタイムで音楽の各々の音色を触覚刺激に翻訳します。


CuteCircuit社によると、例えば「ヴァイオリンなら腕、ドラムなら背中に没入感のあるタッチを感じる」とのこと。またSound Shirtの生地には特別なストレッチ性の素材が用いられており、ワイヤーなどは存在せず内部にシームレスに織り込まれています。


公式の紹介動画は以下から。


気になる価格は現時点では1着40万円程度。ミュージアムやオーケストラ向けのパッケージでは160万円近くになりますが、いわゆるコンシューマ向けへの販売はこれからです。


お手頃な価格であれば多くの聴覚障害者が音楽に親しむきっかけになりそうですが、健常者にとっても音楽鑑賞の新たな領域が生まれることになります。

例えば爆音のビートやぶっといベースをそのまま触覚刺激として伝えてくれるなら、夜通し踊る楽しみもこれまで以上に増えそうですが…。

Goa & PsyTrance Vol. 1
Goa & PsyTrance Vol. 1
posted with amazlet at 20.01.07
Planet B.E.N. Records (2012-04-14)

Psytrance 2020 Top 100 Hits DJ Mix
101 Dance Hits (2019-11-19)

・関連記事
タコはどんな音楽が好きなのか、多様なジャンルを聴かせた反応動画が面白いことに | BUZZAP!(バザップ!)

【実験】5万円の中古ピアノと2億7千万円のピアノの音色を人間は聞き分けられるのか | BUZZAP!(バザップ!)

エレキギターにエフェクター319個を繋げて演奏しギネス記録、当然とんでもなくヤバい音に | BUZZAP!(バザップ!)

ピコ太郎の新曲「Everyone must die」が宗教音楽EDM過ぎて外国人ファンらが困惑 | BUZZAP!(バザップ!)

カラオケで熱唱し過ぎた65歳男性が救急救命室送り、高音の歌を10曲連続で気胸に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング