au限定の「Galaxy Z Flip」速攻レビュー、折りたたみスマホ第2弾は操作が楽しすぎるコンパクト型に

このエントリーをはてなブックマークに追加



auが2020年春モデルとして、コンパクトのように折りたためるスマホ「Galaxy Z Flip」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「Galaxy Z Flip」本体。6.7インチフルHD+(2636×1080)AMOLED(有機EL)ディスプレイ、Snapdragon 855、8GB RAM/256GB ROM搭載モデルです。


背面には約1200万画素の標準カメラと望遠カメラ。バッテリー容量は3300mAhです。


カメラの右隣には1.1インチサブディスプレイがあります。


側面などはこんな感じ。




そして「Galaxy Z Flip」最大の特徴が、この縦方向に折りたたるギミック。ディスプレイごと本体を折りたためていき……



コンパクトのように手のひらに収めることができてしまいます。


大画面スマホにもかかわらず、女性の手にも収まります。



折りたたむ様子はこんな感じ。


カメラ横のサブディスプレイはタッチ操作に対応。


サブディスプレイを自撮り時のミラー代わりに使うこともできます。とても便利です。


触ってみたところはこんな感じ。


本体を折りたたんだ際にはカメラのインターフェースが変わるなど、ちゃんと折りたたみを前提とした使い方が提案されています。


全画面を使ったカメラ撮影。6.7インチの大画面で景色を切り取るかのように撮影できます。


また、地味にすごいと思ったのが、折りたたむことでビデオカメラのように使えるという部分。


折りたたんだ状態だとこのように立てて置くことができるため、三脚などの手助け無しに夜景を撮影できます。動画を撮る人にとってはめちゃくちゃ便利です。



このように軽く折りたためば、コンテンツを立体的に楽しむこともできます。


縦横を切り替える際も新鮮な感動があるGalaxy Z Flip。折りたたみがこんなにも楽しいものとは思いませんでした。


ちなみに折りたたんでいる時、背面はこんな感じになります。


上記のミラーブラックに加え、ミラーパープルもラインナップ。




並べてみたところはこんな感じです。



Galaxy FoldやGalaxy Noteなどと並べてみたところ。折りたたみを目いっぱい楽しんだ後だと、Galaxy Noteの「折りたためない感」が気になってくるので不思議です……。



なお、「折りたためる」という特殊性もあって、Galaxy Z Flipは本体価格17万9360円と比較的高価。しかし2月21日から提供される残価設定型サービス「かえトクプログラム」を適用することで、11万9600円にまで値下がりします。



・関連記事
「au新商品・サービス発表会」まとめ | BUZZAP!(バザップ!)

【速報】auが「格安iPhone XR」さらに値下げ、ドコモの「一括1円」への対抗強化 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIとローソンが資本提携しau WALLETポイントを「Ponta」に統一へ、まさかのコンビニ定額制サービス提供も | BUZZAP!(バザップ!)

テレビ朝日がKDDIと組んで初の定額動画配信サービス参入、au「ビデオパス」は共同出資会社「LDEX」が運営へ | BUZZAP!(バザップ!)

auが完全データ定額大幅値下げ、「auデータMAXプランPro」が月額4480円に&テザリングも30GBに増量 | BUZZAP!(バザップ!)

毎月最大2000円を割り引く「au家族でんき割」をKDDIが開始、auでんきがさらにお得に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品ランキング