「二日酔いにロキソニンが効く」巷のうわさが医師150人による臨床試験で証明

このエントリーをはてなブックマークに追加



多くの痛みを止めてきたあのロキソニン、なんとつらい二日酔いにも効果があることが実証されました。全国の酒豪ではないお酒好きの皆様にぜひとも知っていただきたい朗報です。詳細は以下から。

一般社団法人日本臨床研究学会は医療関係者らを中心に噂となっていた「ロキソニンの二日酔い症状の緩和効果」を検証するための臨床試験を実施し、実際にロキソニンが二日酔いの「頭痛」の緩和に有効であったと発表しました。

この実験は2017年7月から2018年5月まで行われ、応募した229名の医師を無作為に2群に分けて「ロキソニン(実薬)」か「プラシーボ(偽薬)」を予め送付しました。

受け取った医師たちは二日酔いになった際に薬品を服用し、症状緩和に効果があったかどうかをネット経由で報告するという「無作為化二重盲検プラセボ対照試験」という形式です。なお、医師のうち150人が二日酔いで服薬した時点で試験を終了したとのこと。


結果として、二日酔いの「頭痛」の症状改善効果はロキソニンを送付した医師で25ポイント、プラシーボを送付した医師では10ポイントとなり、統計学的に有為な差が認められました。これにより、「ロキソニンは二日酔いの頭痛の緩和に有効」ということが証明されたことになります。

ただし二日酔いは当然頭痛だけではありません。他の代表的な「全身倦怠感」と「吐き気」という症状の改善効果では、ロキソニンとプラセボで統計学的な差は認められず、あくまで効くのは頭痛だけということになります。

とはいえ、脳みそを取り出して真水で洗いたくなるような頭痛だけでも緩和できるのであれば、二日酔い真っ最中の人にとっては天の恵みとも呼べるもの。いざという時のために覚えておくとよさそうです。

・関連記事
飲み過ぎた翌日に「二日酔い休暇」を認める企業が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

二日酔いしないビールが開発される!? | BUZZAP!(バザップ!)

ビールの「あの成分」が肝臓への脂肪の蓄積を抑制することが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

腸内環境を改善する世界初の「善玉菌入りビール」が開発される | BUZZAP!(バザップ!)

お酒の飲み過ぎは免疫システムに即座に影響を与えることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

5000年前のビールのレシピが中国陝西省で発見される | BUZZAP!(バザップ!)

世界各国の1人当たりの飲酒量を図表にするとこんなことに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

グルメに関連した楽天商品ランキング