NTTドコモ初の5Gスマホ・サービス発表内容まとめ



ドコモが5Gサービスの内容を正式発表しました。詳細は以下から。

ドコモの5Gは3月25日スタート。Sub 6でサービスを開始し、6月からミリ波を使ったサービス展開が行われます。

【速報】ドコモが5Gスマホ8機種含む2020年春夏モデル13機種を発表、5Gサービスは下り最大4.1Gbps&無制限で3月25日開始 | BUZZAP!(バザップ!)


発表されたのは13機種。今後4Gスマホはミドルレンジ~エントリーモデル扱いになるとみられますが、「ハイエンドスマホ並の性能のミドルレンジスマホ」がラインナップされています。

5Gスマホ初登場のドコモ2020年春夏モデル一挙解説、「ハイエンド性能のミドルレンジスマホ」も | BUZZAP!(バザップ!)


特筆すべきは2点。まずHuawei端末が完全に排除されました。

ドコモが2020年春夏モデルからHuawei完全排除、5Gスマホどころかdtabすら他社製に | BUZZAP!(バザップ!)


mova、FOMA、Xi……と続いてきたドコモの独自サービス名が5Gでは無くなりました。歴史的転換です。

【速報】ついにドコモが5Gで「独自のサービス名」を捨てる | BUZZAP!(バザップ!)


発表会の様子はこんな感じ。

・関連記事
「iPhone XR一括0円」のドコモ、今度はiPhone XSやiPhone 11まで対象に | BUZZAP!(バザップ!)

「6Gは100Gbps以上で宇宙もカバー、充電不要」ドコモが技術コンセプト(ホワイトペーパー)公開 | BUZZAP!(バザップ!)

「ファーウェイの5G基地局を使わなければ減税」携帯各社に法人税の軽減など優遇措置 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  2. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング