村上春樹の6年ぶりの最新短編小説集「一人称単数」、7月18日に単行本と電子書籍版が同時発売

このエントリーをはてなブックマークに追加



長編小説「騎士団長殺し」からは3年ぶりの最新小説の発売です。詳細は以下から。

文藝春秋が村上春樹の短編小説集「一人称単数」を7月18日(土)を単行本と電子書籍版で同時発売(税込み1500円)します。

小説としては「騎士団長殺し」から3年ぶり、短編小説集としては「女のいない男たち」から6年ぶりの刊行となります。

予約はこちらの公式サイトから、各書店のサイトにて6月4日から受け付けとなります。


これにあわせ、村上春樹訳のグレイス・ペイリーの短編集「人生のちょっとした煩い」(税込み700円)、「最後の瞬間のすごく大きな変化」(税込み740円)、「その日の後刻に」(税込み880円)の3作品も同日に電子書籍化されて発売するとのこと。

何かと外出が難しそうなコロナ禍の今年の夏、じっくり読書もいいのかもしれません。

・関連記事
村上春樹作品の表紙を海外イラストレーターが再デザインするとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

村上春樹、ダメダメな性描写を称える賞にノミネートされる | BUZZAP!(バザップ!)

村上春樹があなたのメールに答えてくれるサイト、1月15日から期間限定公開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング