「優れた遺伝子を持つ人物の配偶者は国が専門家を集めて選定すべき」RADWIMPS野田洋次郎が剛速球ストレートな優生思想を振りまきフルボッコに

このエントリーをはてなブックマークに追加



優生思想のこの上ないサンプルとして末永く教科書に掲載したくなるレベルのポップシンガーの発言が、当然ながら大炎上しています。詳細は以下から。

れいわ新選組元候補による命の選別発言にはじまり、ALS患者嘱託殺人事件に対する維新の会の「安楽死議論すべき」発言など、優生思想に絡んだ発言が大きく取り上げられていますが、そんな中で超有名J-POPユニットの発言が炎上しています。

発言を行ったのは映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を大ヒットさせ、2年前にはさぁいざ行かん日出ずる国の御名の下にと歌う愛国ソングが話題になったRADWIMPSの野田洋次郎さん。

7月16日に自身のツイッターで「大谷翔平選手や藤井聡太棋士や芦田愛菜さんみたいなお化け遺伝子を持つ人たちの配偶者はもう国家プロジェクトとして国が専門家を集めて選定するべきなんじゃないか」と発言しています。

魚拓

優秀な遺伝子を持つ人を国が管理し、選定するという発想は優生思想の1丁目1番地。実際にナチスドイツはレーベンスボルンと呼ばれる施設などを用いて「純粋なアーリア人種」を産み、増やそうとしてきました。

この発言は大谷翔平選手、藤井聡太棋士、芦田愛菜さんらの「優秀な」遺伝子を国家のために役立てるべきという人間を家畜か農作物扱いしたもので、加えて後天的な努力をすべて先天的な遺伝子の成果とする極めて無礼なもの。

またこれは、当人らのセクシャリティや結婚・出産・育児への意志すら無視しています。「お前の遺伝子は優秀だから、今の恋人とは別れて国の集めた専門家が決めた相手と子作りしろ」という世界は類を見ないレベルのディストピアと言わざるを得ません。

当然ながらこの発言には著名人らをはじめ多くの批判が殺到。特にALS患者嘱託殺人事件が明らかになった後に広く再拡散されています。














なお、野田は発言の10分後に「めちゃめちゃ真面目に返信してくださる人いますが冗談で言っています、あしからず。」と茶化しています。


ここ100年で人類が学んだことに後ろ足で砂をかけ、炎上の気配を感じるや否や「冗談です」とエクスキューズを挟んだ結果、火に油を注いで「ダサい」「冗談で言っていいことじゃない」と集中砲火を受けてしまったRADWIMPS野田洋次郎。まさにフルボッコ状態です。

・関連記事
「さぁいざ行かん日出ずる国の御名の下に」RADWIMPSの愛国心を燃えたぎらせる新曲が話題に | BUZZAP!(バザップ!)

【2年ぶり2度目】「自業自得の透析患者は殺せ」の長谷川豊を日本維新の会が今度は参院選の全国比例区で擁立へ | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】茨城県教育委員「障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」と暴言、県知事は「問題ない」→双方とも謝罪、教育委員は辞職 | BUZZAP!(バザップ!)

「義務を果たしていれば権利を主張して良い」自民・小野田議員の自然権否定という闇 | BUZZAP!(バザップ!)

相模原市の障害者施設で深夜に元職員が侵入し15人を刺殺、「障害者なんていなくなればいい」などと供述 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

音楽に関連した楽天商品ランキング