ワイモバイルが通信量超過時の通信速度を300kbpsに、ようやくUQ mobileに対抗も異なる部分も



ついにワイモバイルがUQ mobileの後追いに回りました。詳細は以下から。

ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2020年10月14日に「スマホベーシックプランS」を改定するそうです。

同プランでは月間3GB(キャンペーン適用時は4GB)を超過すると通信速度が128Kbpsに引き下げられていましたが、10月14日からは料金据え置きで300kbpsに増速。すでに契約中のユーザーも2021年3月末(予定)までに順次増速されるとしています。

10月14日以降のプラン一覧。UQ mobileとの違いはカウントフリーの300kbpsないし1Mbpsのデータ通信に好きなタイミングで切り替えられる「節約モード」と、10分以内の通話定額の有無です。

・関連記事
【速報】Snapdragon 865搭載の「Xiaomi POCO F2 Pro」再び値下がり、Galaxy S20などと同性能で半額以下の格安ハイエンドスマホに | BUZZAP!(バザップ!)

「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」開始へ、メリハリプラン大幅値下げやMNP時の契約解除料など免除も1年後には料金が2倍以上に | BUZZAP!(バザップ!)

DDIポケットやウィルコムのプラン・端末までカバー、PHS終了にあたってワイモバイルがまとめたページが永久保存したいクオリティ | BUZZAP!(バザップ!)

ワイモバイルが新プラン「スマホベーシックプラン」発表、2年縛り撤廃で2年目値下げのはずが容量削減や実質値上がり | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【追記】10万円超えもAndroid 12アップデートなし、Xperia 1やAQUOS Rシリーズに感じた「割に合わなさ」
  2. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクが続行も在庫が不安定に、「iPhone 12 mini」契約なしで値下げも
  3. 楽天モバイル「圏外になった」と報告多数、au回線提供終了でエリアが縮小し自宅や駅、会社、店舗、道路などで使えず全国規模の混乱に
  4. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ再び、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途にも
  5. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ

モバイルに関連した楽天商品ランキング