「物理法則ガン無視にしか見えないのに、ちゃんと座れる椅子」が作成されてしまう

このエントリーをはてなブックマークに追加



まるでだまし絵のようですが、これでもちゃんと座れます。詳細は以下から。

一見普通のものや風景のようだけれど実際にはあり得ない。エッシャーに代表される錯視(だまし絵)は広く知られていますが、そうとしか見えないのに実際に機能する椅子が作られました。


木工師でYouTuberのThe Qさんは木とロープを使い、どこも支えられておらず、物理法則に反しているようにしか見えない椅子を作成。ですがこれ、ちゃんと座れるのです。

以下の動画では制作過程がすべて公開されています。


この椅子はテンセグリティという構造を採用しており、ロープによる張力を利用して人間の重さをバランスよく支えています。


じっくり見てみると真ん中のロープが上部を支え、四隅のロープでバランスを取っている様子が分かります。頑張ってみたらDIYで作れてしまいそうですが…?

・関連記事
【動画】明治大学が作った「鏡に映すと丸と四角が入れ替わる錯視」がとんでもないことに | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】「白と金」か?「青と黒」か?とあるドレスの色が世界のネットを二分する大論争に | BUZZAP!(バザップ!)

「ステレオグラム」じゃないのに立体的に見えてしまう錯視画像 | BUZZAP!(バザップ!)

このGif画像の「音が聞こえる」と世界中で話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

海外に関連した楽天商品ランキング