【訃報】「ベルセルク」作者の三浦建太郎が急性大動脈解離で死去

このエントリーをはてなブックマークに追加



あの大作が未完で終わることになりました。

アニメ化、映画化もされた人気ダークファンタジー漫画「ベルセルク」作者の三浦建太郎氏が2021年5月6日に急性大動脈解離で死去しました。54歳でした。


ベルセルクを掲載するヤングアニマルの白泉社が明らかにしました。


1989年から足掛け30年以上に渡って展開された「ベルセルク」は、その重く独特な世界観と主人公のガッツや宿敵グリフィスをはじめ、多くの魅力的なキャラクターで国内のみならず世界中で多くの熱狂的なファンを惹きつけてきました。


2002年に第6回手塚治虫文化賞マンガ優秀賞を受賞。2018年2月時点でシリーズ累計発行部数は4000万部を突破していました。

・関連記事
【訃報】田村正和さんが77歳で死去、「古畑任三郎」で全世代に人気に | Buzzap!

【訃報】橋田寿賀子さん95歳で死去、「おしん」「渡る世間は鬼ばかり」脚本手掛ける | Buzzap!

【訃報】織田無道68歳で死去、「霊能力者」僧侶としてお茶の間でブームに | Buzzap!

【訃報】マラドーナ60歳で死去、「神の手」「5人抜き」など伝説残す | Buzzap!

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」のまつもと泉さんが61歳で死去 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング