100年前に長野で使われた「下駄スケート」が味わい深すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加



日本らしさとレトロさとモダンさが複雑に入り混じっています。

世界有数の豪雪地帯を抱える日本。北海道や日本海側に始まり、中央の山岳地帯もいわゆる雪国として知られます。

そんな雪国のひとつ、長野県で100年前の明治・大正期に使われていた冬の装備がこちらの「下駄スケート」でした。


ご覧のように下駄の歯の変わりに金属のブレードが備え付けられています。


これはサイズ的に女性・子供向けとのこと。


シンプルに見えますが底には「右足用」「左足用」の記述もあります。


さすがに裸足で履くことはなさそうですが、なんとも足回りが冷たそうです。


この「下駄スケート」はアンティークのオンラインマーケット「tatami」で現在280ドル(約3万円)で販売されています

・関連記事
「鬼滅の刃」時代に日本で初の大ブームとなったローラースケートの長い長い歴史 | Buzzap!

八甲田山の無人の別荘から深夜に119番通報が発信されるという洒落怖事案が発生 | Buzzap!

1世紀前の東京の風景をニューラルネットワークで4Kの60fpsにリマスターした動画がすごい臨場感に | Buzzap!


90年前にパリで生まれたローラーブレードの原型「サイクルスケート」が3周半して斬新過ぎる | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング