ドコモの5G基地局が1万局突破、新周波数帯のみで高速・大容量通信エリアを構築



「瞬速5G」ことドコモの5Gサービスの基地局が1万局を突破しました。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社が2020年3月から開始した5Gサービスの基地局が累計1万局を突破したそうです。

ドコモは5G専用に割り当てられた新たな周波数帯(3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯)を用いた「瞬速5G」を積極的に展開中。2022年3月末までに累計2万局、人口カバー率55%の達成に向けて、エリア整備を進めていくとしています。

既存の周波数帯を転用した「なんちゃって5G」と異なり、5G本来の高速・大容量通信を実現できるドコモの瞬速5G。


しかしながら新たな周波数帯は建物の中などに非常に弱いため、「どこでもつながる5G」を実現するためにはプラチナバンドを中心とした周波数帯の5G転用が必要不可欠です。

・関連記事
ついにドコモが老朽化した3G(FOMA)の設備集約、2.1GHz帯を4G/5Gに転用で「FOMAプラスエリア」非対応機種はエリア削減 | Buzzap!

5Gは中国主導の「Sub-6」に軍配か、アメリカ主導の「mmWave(ミリ波)」普及の見通し立たず | Buzzap!

「MNP後も同じメールアドレス」2021年中に実施へ、2022年夏から大幅前倒し | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 楽天モバイルやpovo 2.0対抗の新プラン「合理的シンプル290」を日本通信が開始、月額290円で1GB使えて通話料も半額、しかもドコモ回線採用
  2. 【速報】楽天モバイル「3ヶ月無料」突然終了へ、新たなキャンペーンへの布石か
  3. 【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」登場、便利な片手持ちサイズでナビにも使えるSIMフリーモデル
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 実質3万円台で5G対応の新型「iPhone SE(第3世代)」は4~5月発売、部品製造も開始へ

モバイルに関連した楽天商品ランキング