ドコモの5G基地局が1万局突破、新周波数帯のみで高速・大容量通信エリアを構築

このエントリーをはてなブックマークに追加



「瞬速5G」ことドコモの5Gサービスの基地局が1万局を突破しました。詳細は以下から。

NTTドコモの報道発表資料によると、同社が2020年3月から開始した5Gサービスの基地局が累計1万局を突破したそうです。

ドコモは5G専用に割り当てられた新たな周波数帯(3.7GHz帯、4.5GHz帯、28GHz帯)を用いた「瞬速5G」を積極的に展開中。2022年3月末までに累計2万局、人口カバー率55%の達成に向けて、エリア整備を進めていくとしています。

既存の周波数帯を転用した「なんちゃって5G」と異なり、5G本来の高速・大容量通信を実現できるドコモの瞬速5G。


しかしながら新たな周波数帯は建物の中などに非常に弱いため、「どこでもつながる5G」を実現するためにはプラチナバンドを中心とした周波数帯の5G転用が必要不可欠です。

・関連記事
ついにドコモが老朽化した3G(FOMA)の設備集約、2.1GHz帯を4G/5Gに転用で「FOMAプラスエリア」非対応機種はエリア削減 | Buzzap!

5Gは中国主導の「Sub-6」に軍配か、アメリカ主導の「mmWave(ミリ波)」普及の見通し立たず | Buzzap!

「MNP後も同じメールアドレス」2021年中に実施へ、2022年夏から大幅前倒し | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】au版iPhone SEが一括0円で販売中、衝撃の「回線契約なしでも本体割引」をドコモやソフトバンクも
  2. 充電不要でガンガン使い倒せる格安スマホ「UMIDIGI Power 5」スマートウォッチ付きで1万円に、顔認識・指紋認証にも対応
  3. 1万円台前半の格安タブレット「Teclast P20HD」や「Alldocube iPlay 40」値下げ、動画視聴もビデオ会議もカーナビ代わりにも活躍の本格SIMフリーモデル
  4. 「INFOBAR xv」は一括9800円、KDDIがスマホ値下げの「au Online Shop サマーセール2021」開催で機種変更も対象に
  5. 【驚異】格安すぎるタブレット「BMAX MaxPad I10」1万円で登場、いろいろ使えて便利な高機能SIMフリーモデルに

モバイルに関連した楽天商品ランキング