火星で今度は「オーロラ」が観測される

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前に火星で虹らしきものが観測されたことをお伝えしましたが、今度はオーロラです。詳細は以下から。

現在火星の周回軌道上で観測を行っているアラブ首長国連邦の火星探査機Hopeがオーロラを観測していたことが分かりました。

このオーロラの画像は紫外分光器を使い、火星の夜の領域の空に輝く原子状酸素を捉えたもので、火星探査を行う中での人類初観測となります


このオーロラは地球で見られるものと仕組みは同じ。太陽風が火星の大気と衝突し、上層部の気体と反応し、励起状態となることで輝きます。火星の場合はそれが原子状酸素だったとのこと。



ただし地球のオーロラと違って紫外線のスペクトルでのみ観測できるため、我々人類の肉眼で見ることはできません


また、地球のオーロラの場合は磁場にそって出現しますが、火星の磁場ははるか昔に衰弱して磁石化した地表の鉱物などによって点在するのみとなり、出現の仕方はまったく異なっています。


こうした鉱物の分布はかつての火星の磁場の痕跡とも呼べるもので、消滅に向かった経緯を知るための新たなヒントとなる可能性もあるとのことです。

・関連記事
火星で「虹」が撮影される | Buzzap!

「赤い惑星の青い砂丘」画像をNASAが公開、火星探査機が北極付近で発見 | Buzzap!

火星ヘリ「インジェニュイティ」の人類初飛行、高解像度映像をNASAが公開 | Buzzap!

NASAの探査車「パーシビアランス」が到達した火星はどんな場所?超美麗な4K画像でその息を呑む風景を捉えた動画「Mars In 4K」 | Buzzap!

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

こぼれ話に関連した楽天商品ランキング