着物を脱いだ芸者たち、100年前の美女はどれほど現代と違うのか



着物の印象の強い過去の日本の女性たち。ですがその着物を脱いだ時、現代の女性との違いはどのようなものでしょうか。

1900年代初頭、まだ大正デモクラシーを前に多くの日本人女性たちは和装で生活していました。

その時代の芸者たちの、着物ではない姿の写真をflickrユーザーのOkinawa Soba氏が掲載しています。

当時の基準としては美人であったであろう芸者や舞妓たちが着物ではない服を着ている姿。果たして現代人から見たらどう映るでしょうか。





























男装している写真も。



・関連記事
【明治・大正】舞妓はんが水着に着替えたら?100年以上前の水着グラビア写真 | Buzzap!

1920年代、大正デモクラシーをきらびやかに彩った「モダン・ガール」たち | BUZZAP!(バザップ!)

100年前に長野で使われた「下駄スケート」が味わい深すぎる | Buzzap!

「現代の女子高生と同じ姿」と話題の1932年の少女たち、どの程度のレアケースだったのか? | BUZZAP!(バザップ!)

1世紀前の東京の風景をニューラルネットワークで4Kの60fpsにリマスターした動画がすごい臨場感に | Buzzap!

【画像】外国人写真家が見た1908年(明治41年)の日本の街角の日常風景 | BUZZAP!(バザップ!)

歌と音楽と物音と…90年前の京都と鎌倉の「音と風景」を切り取った動画が圧巻 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

カルチャーに関連した楽天商品ランキング