9000円の超格安スマホ「Philips PH1」登場、大画面にデュアルカメラ、大容量バッテリーなど意欲的なモデルに



時折スマホ市場に彗星のごとく現れる1万円前後の超格安スマホ。

日本でもおなじみの一大メーカー・フィリップスがリリースした最新モデルは、なかなか実用性を意識した内容でした。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、フィリップスが中国市場向けに「Philips PH1」という格安スマホを投入するそうです。

Philips PH1は6.51インチHD(1440×720)液晶に中国UNISOC製プロセッサ「Tiger T310」、4GB RAM、4700mAhバッテリーなどを搭載。背面には1300万画素広角カメラとボケのある写真を撮るための200万画素深度センサーを備えています。


なお、気になる本体価格は32GBモデルが78ドル(約9000円)。中国製プロセッサを採用することで価格を抑えたとみられます。

決して性能は高くないものの大きな画面や大容量バッテリーを備えたPhilips PH1。ライトユーザーであれば十分使えそうな内容ではないでしょうか。

・関連記事
【速報】Xiaomi「POCO X3 GT」大容量モデルほぼ3万円に値下げ、AnTuTu60万オーバーで立体音響や爆速充電、マルチキャリア対応の格安スマホに | Buzzap!

【速報】Xiaomi「POCO F3」ほぼ3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ | Buzzap!

【速報】暗視カメラ付き格安スマホ「F150 R2022」2万円ちょいに値下げ、暗闇で撮れてゲームもできてタフネス仕様で8000mAhの超巨大バッテリーも | Buzzap!

Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング