Androidのシェアが5年で8%下落、iOSがじわじわ巻き返していることが明らかに



さまざまなメーカーがエントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広いスマホを販売し、揺るぎない地位を築いたかのように見えるAndroid。

しかし現実には、少しずつシェアが減少しているようです。詳細は以下から。

調査会社「StockApps.com」のレポートによると、2018年7月に過去最高となる77.32%を記録したAndroidのシェアが、2022年1月に69.74%まで落ち込んだそうです。

これはAndroid陣営内での競争が激化したことによるもの。一方でシェア20%を切っていたiOSは25.49%まで盛り返しているため、うまくユーザーを引き込むことに成功していると考えられます。


なお、なかなか興味深いのが世界の各地域でのOSシェア。

アジアと南米、アフリカではAndroidのシェアが80%を超えているのに対して、ヨーロッパでは69.32%に。一方、北米ではiOSが54%を占めてAndroidを圧倒するなど、地域によって顕著な差が出ています。

・関連記事
「iPhone 12」大幅値下げでミドルレンジAndroid駆逐か、iPhone 12 miniもiPhone SE(第3世代)に迫る格安モデルに | Buzzap!

スマホ生産台数が1億7000万台削減か、iPhoneもAndroidも需要減退 | Buzzap!

Xiaomi Pad対抗の「OPPO Pad」など高性能なAndroidタブレットをスマホ各社が一挙投入へ | Buzzap!

データを盗んでスマホを初期化、Android向けウイルス「BRATA」新種がGPS追跡やスクショ盗撮など凶悪すぎる進化を遂げてしまう | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「Xperia 1 Ultra」開発中か、240Hz表示対応の大画面すぎる4K有機ELディスプレイ搭載など10年ぶりの「Ultra」に
  2. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  3. 【大幅値下げ】Anker最強の4ポート急速充電器「747 Charger (GaNPrime 150W)」過去最安に、スマホもパソコンもタブレットも一気に充電できる超便利な1台に
  4. 【速報】「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  5. 【悲報】Galaxy S23の「高性能版Snapdragon 8 Gen 2」サムスン製造か、まさかのTSMC外しで発熱問題に懸念も

モバイルに関連した楽天商品ランキング