iPhone低価格な「メタレンズ」採用へ、薄くて生産性に優れノッチやカメラの出っ張りも解消


iPhoneやiPadに「メタレンズ」と呼ばれる新技術が採用されるようです。

カメラの薄型化からノッチやパンチホールの消失など、スマホを大きく進化させる画期的なものになりそうです。詳細は以下から。

Apple関連の確度の高いリーク情報などで著名なアナリスト、ミンチー・クオ氏の投稿によると、Appleは2024年にも「メタレンズ」と呼ばれるレンズをiPad ProやiPhoneなどに採用するそうです。

これは同社のサプライヤーであるTSMCとVisEraにより技術が提供され実現するもの。

メタレンズは通常のものより薄く平らで、従来レンズを何枚も重ねていたのと同じ作用を1枚で生み出せるとされています。

さらに半導体と同じ設備での大量生産が可能なため、今までのレンズをより低価格で薄型なものに置き換えることができるとのこと。

まず2024年に、より出荷数の少ないiPad Proの背面カメラに採用し、2025年から2026年にかけてiPhoneのFace IDカメラでも使用されるとしています。

背面カメラに使用されればバンプ(出っ張り)が薄くなるのはもちろん、Face IDカメラのレンズが1枚になればより多くの光を取り込めるようになるため、ディスプレイ上部のノッチやパンチホールも消える可能性もあります。

また、AppleのAR/MRヘッドセットにも使われる可能性もあり、メガネ型のヘッドマウントディスプレイが成功すればさらにメタレンズの出荷の増加も見込めるそうです。

製造プロセスを考えると、すべてがメタレンズに置き換えられるのは2028年から2030年の間とのことで、iPhoneをはじめあらゆるカメラ付きデバイスに恩恵がありそうな技術の発展に期待が膨らみます。

・関連記事
「iOS 16.4.1」バッテリー消費悪化したままに、iPhone 12は過去最悪に次ぐパフォーマンスで修正時期も見通し立たず | Buzzap!

「iPhone 8」ついにiOS 17アップデート対象外か、iPhone XやApple Pencil初対応のiPad Pro(第1世代)も | Buzzap!

【悲報】無印iPhoneは2027年まで120Hz非対応か、「iPhone 19」でようやく格安Androidスマホに追い付く可能性 | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]