携帯ゲーミングPC向けの「Ryzen Z1」発表、高性能・低消費電力でWindows 11にも対応の新型プロセッサに


「GPD WIN」や「Steam Deck」のようなデバイスが世に溢れるきっかけとなりそうです。詳細は以下から。

AMDのプレスリリースによると、同社は携帯ゲーミングPC向けに新型プロセッサ「Ryzen Z1」「Ryzen Z1 Extreme」を投入するそうです。

Ryzen Z1シリーズはAMD RDNA 3アーキテクチャベースのグラフィックス機能が組み込まれており、GPU性能が要求される最新ゲームでも快適にプレイできるとのこと。

ラインナップの解説。Ryzen Z1は6コア/12スレッドのCPUにRDNA 3演算ユニット4基、22MBのキャッシュで構成される一方、Ryzen Z1 Extremeは8コア/16スレッドのCPUにRDNA 3ユニット12基、24MBのキャッシュで構成されています。

最新の外付けストレージやディスプレイとの高速かつ簡単接続を実現する「USB4」や、最新の「LPDDR5」および「LPDDR5X」メモリ規格をサポートし、高速なパフォーマンスや低遅延を実現するRyzen Z1シリーズ。

第1弾としてRyzen Z1 Extremeを搭載した「Asus ROG Ally」の詳細が5月11日に正式発表されるとしています。

・関連記事
「iPhone対抗の独自GPU」Galaxy向けに開発中、SnapdragonやApple Aシリーズのようなカスタム仕様でAMDの技術がベースに | Buzzap!

廉価版ゲーミングCPU「Ryzen 7 7800X3D」がCore i9-13900Kを圧倒、低価格かつ低消費電力で破格のコストパフォーマンスに | Buzzap!

iPhone 15 Pro登場で「Android暗黒時代」突入か、周回遅れの性能差が2025年以降まで続くことに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]