中国で「虫入りスマホ」問題に、髪の毛混入や本体に隙間など劣悪な品質管理で超高性能が台無しに


最新プロセッサ「Snapdragon 8 Gen 3」をいち早く備えた中国メーカーの超高性能スマホが、思わぬところで炎上しています。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、中国で先日発売されたハイエンドスマホ「OnePlus 12」を購入したユーザーの苦情が話題となっているそうです。

これはマイクロブログ「weibo」に投稿されているもので、背面ガラスとカメラ部分に隙間があるとのこと。

また「背面ガラスの中に髪の毛と虫が挟まれていた」という衝撃の報告もあります。

Xiaomiのサブブランド「Redmi」のゼネラルマネージャー・Lu Weibing氏がどの機種か明言することは避けた上で「品質管理や組み立て工程で大量の接着剤が用いられた結果ではないか」と推測するなど、波紋を呼んでいるOnePlus 12の製造問題。

隙間があることを気にしたユーザーがカスタマーサポートに問い合わせたところ「防水、防塵機能に問題はない」という回答だったとのことですが、あまり気分が良いものではありません……

・関連記事
【不具合】Pixel 8「ディスプレイに謎の凹凸」報告多数、本体設計が原因で悪化するおそれも | Buzzap!

格安スマホ「Xiaomi Mi 11 Lite」突然死の不具合か、「いきなり起動しなくなった」など報告相次ぐ | Buzzap!

【注意】Pixel 8のセキュリティに致命的な不具合、「ブートローダーがロック解除済みの新品」があることが明らかに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

特集に関連した楽天商品[PR]