iPhone 16 Proが10Gbps超え「5.5G(5G-Advanced)」対応へ、無印もWi-Fi 6E対応やメモリ増量で強化か



「iPhone 16 Pro」が、5Gの通信速度を飛躍的に引き上げる新規格についに対応するようです。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、iPhone 16 Proは5.5Gとも呼ばれる「5G-Advanced」に対応するそうです。

これは業界アナリストのJeff Pu氏が投資家向けメモの中で明かしたもので、5Gモデムにクアルコムの「Snapdragon X75」が採用されるとのこと。

現行モデルのiPhone 15は全機種に「Snapdragon X70」が搭載されているため、下り最大10Gbps超えとも言われる高速通信をProモデルのみが使えるようになるとみられています。

また、Jeff Pu氏はかねてよりiPhone 16 Proが46Gbpsの通信速度を実現する最新規格「Wi-Fi7」に対応するとも述べており、Wi-Fiの速度に関しても無印との差が大いに広がることになります。

一方、「iPhone 16」および「iPhone 16 Plus」には8GBのメモリが搭載され上位モデルと並ぶほか、iPhone 15 Pro/Pro Maxのみ採用されていたWi-Fi 6Eにも対応するとされています。

3nmプロセスで製造されたApple A18 Proが搭載されることに加えて、5Gと比べて10倍以上の速度が実現することでさらなる大容量コンテンツを快適に楽しめるようになると期待できるiPhone 16 Pro。

今年Proと無印どちらかへの買い換えを検討しているユーザーは、利便性をどこまで追及するかどうかで頭を悩ますことになりそうです。

・関連記事
「iPhone 16は全機種がApple A18搭載」ほぼ確実か、無印でも処理能力やバッテリー寿命大幅アップで徹底的な差別化緩和へ | Buzzap!

iPhone 16「全モデルにアクションボタン搭載」確実か、耐久性も向上して新機能も追加へ | Buzzap!

「iPhone 16 Pro」4800万画素の超広角カメラ搭載で広い景色の撮影も高画質に、40Gbps越えのWi-Fi 7対応も | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)