廉価版「Galaxy Z Fold FE(仮)」開発中か、中国の低価格折りたたみスマホに対抗で市場活性化へ



折りたたみスマホ業界を牽引しながらも、中国競合メーカーの参入によりじわじわとお株を奪われ始めているSamsungが、反撃に打って出るようです。詳細は以下から。

半導体など先端部品の情勢に詳しい韓国メディア「The Elec」の報道によると、Samsungは折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold」の廉価版を開発しているそうです。

Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip/Fold」シリーズは、縦折り型のFlipの方が多く売れており、同社は横開き型のFoldの廉価版を開発することで普及につなげたいものとみられています。

また、同社は中国における折りたたみスマホシェアで、2023年第3四半期において19%を占め3位になっており、今後は中国市場におけるシェア拡大も見込んでいるとのこと。

なお、発売時期は新型の「Galaxy Z Fold6」との食い合いが発生する可能性があるため、来年以降になると予測されています。

ここで振り返っておきたいのが、競合各社の折りたたみスマホの本体価格。Honor、Xiaomi、OPPOといった中国メーカーの最新機種は1200ドル~1300ドル(約17万8000~19万2000円)で、Galaxy Z Foldより約450~550ドルほど安く販売されています。

Galaxy Z Fold5 :1820ドル(約26万9000円)
Huawei Mate X5 :1820ドル(約26万9000円)
Pixel Fold :1799ドル(約26万6000円)
OPPO Find N3 :1367ドル(約20万2000円)
Honor Magic V2 :1260ドル(約18万6000円)
Xiaomi Mix Fold3:1260ドル(約18万6000円)

Samsungがシェア拡大のために競合機種と同程度まで価格を抑えることにも期待できるため、「Galaxy Z Foldを使いたいけどもう少し安くなれば……」と考えていたユーザーには吉報ではないでしょうか。

・関連記事
「超格安折りたたみスマホ」開発をサムスンが否定、Galaxy Z Flip6 FEは絶望的か | Buzzap!

「Galaxy S24」が大人気に、iPhone 15対抗の価格や多数のAI機能、充実のサポートで高い支持を獲得か | Buzzap!

【悲報】Galaxy S24 Ultra「S24+に性能で負ける」逆転劇、処理能力や低発熱でExynos 2400がSnapdragon 8 Gen 3を上回る | Buzzap!

Galaxy S24 Ultra「バッテリー持ちiPhone 15 Pro Max超え」を達成、最も長時間使えるスマホの座に輝く | Buzzap!


フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品(PR)