1円スマホ候補「Redmi 14C 5G」日本投入へ、6.7インチの大画面で必要な機能は備えた入門機になるか


割引なしで2万円程度という価格設定と割り切りすぎた仕様で注目を集めた、Xiaomiのエントリースマホ後継機の存在が明らかになりました。詳細は以下から。

海外メディアの報道によると、Xiaomiが「Redmi 14C 5G」をまもなくリリースするそうです。

今回はグローバル、中国、インド、そして日本向けに発売されることが型番から明らかになったとのこと。ただしそれ以上の情報は現時点で不明とされています。

去年3月に日本市場にも投入された「Redmi 12C」は格安ではあるものの、端子が時流にそぐわないmicro USBで充電速度もわずか10Wという問題を抱えていました。

しかし日本では未発売の現行モデル「Redmi 13C」は以下のように欠点を克服しているため、より高性能になるはずのRedmi 14Cもある程度期待してよさそうです。

・Redmi 13C
ディスプレイ:6.74インチHD+(1600x720)液晶、90Hz表示対応
プロセッサ:MediaTek Helio G85
メモリ:4GB、6GB、8GB
ストレージ:128GBないし256GB
背面カメラ:5000万画素広角、200万画素マクロ
フロントカメラ:800万画素
バッテリー:5000mAh、充電速度18W
端子:Type-C
生体認証:サイド指紋センサー、AI顔認証

・関連記事
【比較】「AQUOS R8」「POCO F6 Pro」「Pixel 8a」ベンチマーク測定、20万円級の超高性能な格安スマホたちの処理能力や発熱時の安定性を徹底的に比べてみた | Buzzap!

Xiaomiが超格安スマホ「Redmi 13」発売、1億画素カメラや3倍ズームなど破格ながら撮影にこだわった1台に | Buzzap!

Xiaomiが格安8インチタブレット「Redmi Pad SE 8.7」発売へ、6年ぶりの新型は4G対応のSIMフリーモデルに | Buzzap!

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルに関連した楽天商品[PR]