手帳型スマホケースでクレカなどが使えなくなるおそれ、金融機関が注意喚起

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホユーザーに人気の手帳型スマホケースが、日常生活に支障をもたらすおそれがあることが分かりました。詳細は以下から。

NHKの報道によると、近年カード会社や金融機関に対して「クレジットカードやキャッシュカードが使用できなくなった」という利用者からの相談が増えているそうです。

これは手帳型ケースに使われている磁石がカードの磁気情報を損なうことによるもので、大手カード会社2社では2016年の相談件数が前年比で約20%増加したとのこと。

このような状況を受け、りそな銀行はカードの損なわれた磁気情報を自動修復できるよう、すべてのATMのシステムを改修。スマホやタブレットのケースにカードを保管しないよう呼びかけています。

スマホを落とした時のダメージが大きすぎることから考えても、あまりオススメできそうにない「スマホケースにカード」。カバンからサイフを出さずとも大抵のことが完結できるという手軽さが、このような事態を招いているのかもしれません。

手帳型スマホケースに注意 カードの磁気情報に影響も | NHKニュース

・関連記事
AppBankがiPhoneケースのデザイン盗用か、開発メーカーが訴える→動画即消しで逃亡→謝罪動画アップ | BUZZAP!(バザップ!)

チェキにライバル、スマホで撮った画像をプリントできるスマホケース「Prynt」 | BUZZAP!(バザップ!)

昔の写真プリントをスマホで超簡単にデジタル化できちゃうGoogleのアプリ「PhotoScan」 | BUZZAP!(バザップ!)

敵は間合いに入らせない!催涙スプレー搭載の超攻撃的iPhoneケース「Spraytect」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加