対変質者用の「携帯型火炎放射器」が中国で人気に

このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の変質者対策はかなり過激な事になっています。詳細は以下から。

政府の御用記者、山口敬之の昏睡レイプもみ消し事件によって日本でも大きくクローズアップされている卑劣な性犯罪。100%加害者が悪いことは言うまでもありませんが、実際に性犯罪者が存在している現時点では少なからず各自が防衛しなければならない状況が続いています。

先日BUZZZAP!ではデートレイプドラッグを検出して色の変わるストローが開発されたことを報じましたが、デートを装う事すらしない変質者がいることも間違いありません。

中国で現在若者に人気になっているのはそうした問答無用の変質者を撃退するための携帯型火炎放射器。ライトセーバーの様な見た目で、ライトセーバーのように火炎が放射されるのです。

値段はプロダクトによって13ドル~40ドル程度となっており、小さな炎を立てるだけのものから、1800度の高温を50cm以上放射するものまでバリエーションに富んでいます。場合によっては連続使用時間が30分とされているものもあるとのこと。

ある販売者は「変質者に永遠に残る傷跡を付けることができるが、合法な非殺傷兵器だ」としていますが、警察は違法性があるとしています。

日本でもガスバーナーなどは普通にホームセンターやアウトドアショップで購入できるため、実際に中国の法律でアウトなのかは現時点では不明。Telegraph紙が記事を掲載していた時点では販売されていたとされています。

中国のオンラインショップTaobaoで「flame-thrower」検索してみましたが発見はできず。規制が厳しくなっている可能性もあります。

どのみち、世界のどこでも性犯罪者がいるということは間違いありません。一刻も早くこんな物騒なものを持ち歩かなくとも安心して暮らせる世の中になればよいのですが…。

‘Anti-pervert’ flame-throwers for sale in China

岩谷産業 カセットガス トーチバーナー /1-1703-11
岩谷産業
売り上げランキング: 1,141

・関連記事
デートレイプドラッグを検出すると色の変わるストローを3人の女子学生が開発 | BUZZAP!(バザップ!)

内閣調査室が「山口敬之昏睡レイプ事件」被害者を民進党関係者と印象操作する画像を配布、2ちゃんねるにも投下される | BUZZAP!(バザップ!)

「昏睡レイプ事件」の山口敬之、週刊新潮からの質問状を北村滋内閣情報官に相談か→週刊新潮にメール誤転送で発覚 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪府警警官ら5人による「目隠しして手を縛っての集団強姦事件」の不起訴処分を不当として被害女性が検審申し立て | BUZZAP!(バザップ!)

本人の意志でしか絶対脱げない、対レイプ用の最強女性用下着 | BUZZAP!(バザップ!)

ノコギリのような刃を持つ、独り歩きの女性のための護身用指輪「Go Guarded」 | BUZZAP!(バザップ!)

SNSでの粘着行為がストーカー規制法の対象に、厳罰化と非親告罪化も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加