ヴォイニッチ手稿を解読したと主張する研究者が現れる

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの未解読の奇書を解読したと主張する研究者が現れて話題になっています。詳細は以下から。

謎の言語で書かれ、解読不能とも言われる奇書「ヴォイニッチ手稿」。1912年にアメリカ人の革命家で古書収集家のウィルフリッド・ヴォイニッチがイタリアで発見したことから彼の名前が付けられた240ページの羊皮紙からなるこのこの手稿は作者も執筆時期も正式な題名も不明の奇書として知られています。

以前BUZZAP!ではこのヴォイニッチ手稿が無料でダウンロード可能になったことを報じましたが、なんと解読したと主張する研究者が現れました。

発見以来これまで多くの言語学者や数学者、暗号解読士らが挑んできたものの解読には至っていません。まったく無意味な記号の羅列の偽書であるという説を始め、エイリアンの言語であるとされたり錬金術の秘技が描かれているとされるなど、ロマン溢れる解釈もされてきました。

しかし今回、歴史家のNicholas GibbsさんはTSLに掲載された論文でヴォイニッチ手稿を解読したと主張。その内容は「女性の健康マニュアル」だということです。

未知の植物や星座と共に女性が入浴している挿絵があることから、Gibbsさんはヴォイニッチ手稿を中世の女性の健康に関する文書と比較しました。

Gibbsさんによると「入浴の挿絵はヴォイニッチ手稿の注目に値する一面であるから、中世の入浴の習慣に注目するのは論理的と言えよう」とのこと。

次にGibbsさんはヴォイニッチ手稿の見慣れない文字が略記されたラテン文字の隠しおおせない特徴を含んでいるとし、略記された単語の意味を決めました。

そこからGibbsさんは論のキモとなる「ヴォイニッチ手稿は入浴による健康法を始めとした婦人科的な薬品について描いている」という結論を主張。

ただし、The Atlanticによるとこの「解読」は専門家からはボロクソに叩かれてしまいました。

最大の問題はヴォイニッチ手稿のどこにも植物や病気の名前が見当たらないこと。Gibbsさんはその理由を、それらの名前は目次に書かれていたけれど、目次が失われてしまったから分からないのだと主張します。

アメリカ中世学会でエグゼクティブ・ディレクターを務めるLisa Fagin Davisさんはエール大学(大学内のバイネッケ・レア・ブック&マニスクリプト図書館がヴォイニッチ手稿を保管している)の博士課程時代に仕事の一環として幾十ものヴォイニッチ手稿の解釈を読んできました。そんな彼女はGibbsさんの論文をTLSが掲載したこと自体が驚きだとしてこう一喝します。

「あんな論文、バイネッケ・レア・ブック&マニスクリプト図書館に送ってきたら一瞬で粉砕されてる」

そしてツイッター上でも「またこういうの出てくるんだ。これまでこんな「解読」は何十も読んできたし、これはあとの3000の解読と同レベルに全然ダメ」とこき下ろしています。

ヴォイニッチ手稿がなんらかの健康に関する情報を含んでいるという考え方は既に新しいものではなく、文字が略記されたという主張はともかくラテン語としての解釈は文法レベルで間違っているとのこと。そして「表紙がなくなった」というこじつけの屁理屈が致命傷であるということです。

ということで、Gibbsさんの主張はにべもなく一蹴されてしまいました。ヴォイニッチ手稿の真相はいまだ謎のままということになります。自分が解読してみせる!という方はぜひダウンロードしてチャレンジしてみてはいかがでしょう?

生半可な「解読」ではDavisさんに見向きもされないとは思いますが…。

Researcher Claims To Have Deciphered The Mysterious Voynich Manuscript _ IFLScience

ヴォイニッチ手稿の謎
ヴォイニッチ手稿の謎
posted with amazlet at 16.01.27
ゲリー ケネディ ロブ チャーチル
青土社
売り上げランキング: 130,329
Codex Seraphinianus
Codex Seraphinianus
posted with amazlet at 16.01.27
Luigi Serafini
Rizzoli (2013-10-29)
売り上げランキング: 12,309

・関連記事
未解読の奇書「ヴォイニッチ手稿」「コデックス・セラフィニアヌス」が無料でダウンロード可能に | BUZZAP!(バザップ!)

全ての本好きに捧ぐ、映画の書店と図書館の場面を集めた愛に溢れるマッシュアップ動画 | BUZZAP!(バザップ!)

生きている木を生きたまま使ったオブジェ「Biotecture」の世界 | BUZZAP!(バザップ!)

11歳のBjork(ビョーク)が「キリスト生誕物語」を朗読する1976年の貴重なテレビ映像 | BUZZAP!(バザップ!)

【宝の山】80~90′sのノイズ・実験音楽のカセットテープ音源30GBが無料DL放題 | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも美しく、リアルで艶めかしいMarina Bychkovaの「魔法にかけられた」人形たち | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加