暗黒の旋律を奏でられそうな「骸骨のヴァイオリン」

このエントリーをはてなブックマークに追加



クラシックではいつも主役級のヴァイオリン。正統派のイメージが付きまといがちですが、これはなんとリアルな頭蓋骨のボディをしています。

この不気味ながら美しいヴァイオリンを作ったのはStratton ViolinのJeff Stratton氏。アンプに接続して演奏するタイプのエレキヴァイオリンで、クラシックはもちろんそれ以外の大音量で演奏するジャンルの音楽にも問題なく使用できるとのこと。絵面的にはゴスっぽい音に合いそうです。


本人によるデモ演奏動画は以下から。


演奏中に何度も骸骨と目が合いそうなのがよいですね。もちろん魂を凍りつかせるような悪魔的なメロディを演奏できるかどうかは本人の力量にかかっていますので注意。

・関連記事
ダンス!ダンス!!ダンス!!!世界中で踊りまくる伝説のマット・ハーディングが帰ってきた「Where the Hell is Matt 2012」 BUZZAP!(バザップ!)

何人分かる?次々と超有名ミュージシャンのコスプレを繰り出す「世界で最も着替えまくる」音楽PV BUZZAP!(バザップ!)

iPadがクラシック界にも進出、ネッド・マッゴーワンの「iPadと管弦楽のための協奏曲」 BUZZAP!(バザップ!)

木の枝にヤシの実、ピーナッツからオレンジまで母なる自然を楽器にして音楽を創り出すディエゴ・ストッコ BUZZAP!(バザップ!)

伝説的なパーソナルコンピュータ、コモドール64を大胆に使用したベースギター型シンセサイザー BUZZAP!(バザップ!)

ワイヤーを使って空間にダイナミックに動く波形と音響を創り出すインスタレーション BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加