ワイヤーを使って空間にダイナミックに動く波形と音響を創り出すインスタレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加



美しく形を変え続ける波形が、弾性のあるロープを超高速で縄跳びの縄のように回転させることで目の前に現れてきます。

Waves, A Kinetic Sculpture That Generates Waveforms

どう見てもオシロスコープの中にしかなさそうな造形ですが、間違いなく目の前に存在しているのがむしろ不思議。縄を回すときの空気を切り裂く音が波形と相まって美しい空間を作り出しています。


この「Wave」を作成したのはダニエル・パラシオス氏。観客が近づくと、その数や動きに反応してワイヤーが複雑な波形を描き出し、音を奏でるという仕組みになっています。実際に動いている映像は以下から。


パラシオス氏の他の作品は本人のHPから閲覧できます。

Daniel Palacios

・関連記事
クラフトワークのMoMAでの8日連続ライヴ「Kraftwerk Retrospective 1 2 3 4 5 6 7 8」の様子が明らかに BUZZAP!(バザップ!)

モンスターズインクのサウンドを極上のエレクトロニカにリミックスしたPogoの映像作品「Boo Bass」 BUZZAP!(バザップ!)

天地創造を思わせる画像編集の過程を描いたジェシー・ニューマンのスピリチュアルな映像作品「リバース・オブ・ガイア」 BUZZAP!(バザップ!)

福岡の老舗クラブ「O/D」、石野卓球のDJ中に風営法で摘発される BUZZAP!(バザップ!)

大阪の老舗クラブ「NOON」が22時前に客を踊らせていたという理由で摘発、スタッフ8人逮捕 BUZZAP!(バザップ!)

京都のクラブシーンから風営法改正を求める「京都ダンス規制法見直し連絡協議会」が発足へ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加