大阪市営地下鉄で「WiMAX」や「au Wi-Fi SPOT」を利用可能に、異例の4社協力で実現

このエントリーをはてなブックマークに追加



下り最大40Mbps、上り最大15.6Mbpsの高速通信サービス「UQ WiMAX」や無料の公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」が大阪市営地下鉄で利用できるようになることが発表されました。なんと異例の4社による協力で実現しています。



UQコミュニケーションズ、KDDI、ケイ・オプティコム、及び、Wi2 4社協力による大阪市営地下鉄への公衆無線LAN及びWiMAX環境の整備について | UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

KDDIとUQコミュニケーションズ、ケイ・オプティコム、ワイヤ・アンド・ワイヤレスのプレスリリースによると、大阪市営地下鉄の駅ホームやコンコースなどにおいて通信サービスの提供を協力して行い、2012年7月より順次サービスを提供するそうです。

利用できるサービスは「au Wi-Fi SPOT」「eoモバイル Wi-Fiスポット」「Wi2 300」「Wi2 300プレミアムプラン(仮称)」といった公衆無線LANおよび「UQ WiMAX」。

公衆無線LANは南港ポートタウン線「トレードセンター前駅」をはじめとした駅構内で2012年7月17日(火)から、UQ WiMAXは四つ橋線および中央線「本町駅」で、2012年8月27日(月)からサービス提供開始予定。今後は早ければ2013年度中に全路線に拡大するとしています。

ちなみに公衆無線LANサービスやWiMAXの整備においてKDDIと関係会社のUQコミュニケーションズやワイヤ・アンド・ワイヤレスが協力するのはよく見られる話ですが、そこに関西電力傘下のケイ・オプティコムが参加するのは異例のこと。

おそらく固定回線とセットで毎月の通信料金を1人あたり1480円割り引く「auスマートバリュー」の展開にあたってKDDIとケイ・オプティコムが提携したことを受けたものであると思われますが、ケイ・オプティコムは「eoモバイル Wi-Fiスポット」を3万ヵ所に展開する意向を表明していたことを考えると、両社の利害関係が一致した結果と考えることもできそうです。

・関連記事
UQ WiMAXが純増数1位の快挙を達成、なんと単独でソフトバンクを抜き去る | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAXやLTE、Wi-Fi、3Gを同時利用できる「リンクアグリゲーション無線技術」をKDDIが開発、通信速度が飛躍的に向上へ | BUZZAP!(バザップ!)

知られざる「au Wi-Fi SPOT」の優れた機能が判明、干渉対策や電波が届く仕組みも | BUZZAP!(バザップ!)

安易に基地局を増やすだけでは不可能、「つながるau」を実現するための取り組みをKDDIが解説 | BUZZAP!(バザップ!)

後悔しないスマートフォンの選び方 2012年夏モデル編 | BUZZAP!(バザップ!)

エリア拡大でUQ WiMAXの人口カバー率が90%を突破、全国主要都市では99%に | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが西新宿エリアに公衆無線LANを展開、auユーザー以外でも無料で利用可能 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加