関西弁でツッコミも可能、Siri対抗の「おはなしアシスタント」で遊んでみた

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIが11月1日(木)からサービス提供を予定している、声でスマートフォンを操作できるアプリ「おはなしアシスタント」。

電話発信やメール作成、天気予報など、利用頻度の高いスマートフォンの機能を音声で簡単に操作できるもので、Appleの「Siri」やNTTドコモの「しゃべってコンシェル」の対抗馬となるサービスですが、auの2012年冬モデル発表会で実機デモが行われていたため、遊んでみました。



これが「おはなしアシスタント」の概要。基本的なサービスは無料で利用でき、キャラクターとの会話やライフログの記録は月額105円。


アプリのトップ画面。さっそく話しかけてみます。


今日の占いを呼び出したり、SMSを送信したり、アラームを設定したりと、Siriっぽい動きを実現しているのが分かります。

KDDIの「おはなしアシスタント」はSiriっぽい動きが可能 - YouTube


そしてこちらが有料版。オリジナルキャラクターとの会話が可能です。


スマフォの操作やキャラクターとの会話には「話す」をタップ。


有料版ならではのライフログ記録・閲覧機能。いつ・だれと・どこへ行ったのか……といったライフログを記録でき、後で呼び出すことができます。

「おはなしアシスタント」のライフログ記録・閲覧機能 - YouTube


計算を頼むこともできます。


計算もできる「おはなしアシスタント」 - YouTube


「巨人軍は永久に不滅です」という言葉を元に、対応するアプリを呼び出すことも可能。

巨人ファンも納得の「おはなしアシスタント」 - YouTube


新世紀エヴァンゲリオンの主人公・碇シンジの名ゼリフ「逃げちゃだめだ」を言ってみたところ。


つい「なんでやねん」と関西弁でツッコミを入れてみたところ、同じように関西弁で返事が。

「おはなしアシスタント」に関西弁でツッコミを入れてみた - YouTube


語彙にない言葉を話しかけられた場合も、味のある返答を返してくるため、一度遊んでみるといいかもしれません。


なお、「おはなしアシスタント」はIS05とISW11HTを除くAndroid 2.3以上のスマートフォンで動作します。

・関連記事
鷹の爪団の吉田くん、けいおん!の田井中律と「しゃべってキャラ」で遊んでみた | BUZZAP!(バザップ!)

第4世代iPadとiPad miniも「プラチナバンド版LTE」非対応、KDDIとソフトバンクによるSIMロック紛争勃発か | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが「INFOBAR A02」を2013年春発売へ、LTE対応のフルスペックモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」エリアをきめ細かく整備、これが世界初の「LTEピコセル基地局」 | BUZZAP!(バザップ!)

「au 4G LTE」「UQ WiMAX」の基地局併設について、気になるところを聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIがLTEに新技術「SON」導入、基地局がエリアを自動調整して切断回避 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加