ワイヤレス機器の通信速度が最大2倍になる電磁ノイズ抑制技術をNECが開発、アンテナの受信感度は10倍に向上

このエントリーをはてなブックマークに追加



NECがワイヤレス機器の通信速度を最大で約2倍に引き上げる技術を開発しました。

新しい通信規格を採用して通信速度を上げるといった類ではなく、既存の通信規格での通信速度を上げるものであるため、実用化が期待されます。



NEC、無線通信機器の通信速度を最大で約2倍に向上させる電磁ノイズ抑制技術を開発 (2013年1月17日):プレスリリース | NEC

NECのプレスリリースによると、同社は高速無線通信を利用するワイヤレス機器において、機器内部のプリント基板に独自の人工材料を形成することで、アンテナの受信感度を最大で約10倍に向上させる電磁ノイズ抑制技術を開発したそうです。

今回開発された電磁ノイズ抑制技術は、金属を周期的に並べることで自然界にない性質を引き出す人工材料「メタマテリアル」の一種で、特定の周波数の電磁波を遮断する「電磁バンドギャップ(EBG:Electromagnetic Bandgap)構造」と呼ばれるもの。

技術開発が行われた背景。ワイヤレス通信機器では基板上のデジタル回路から放射されるGHz帯の電磁ノイズが問題となり、通信性能の確保が困難となっていました。


しかしEBGを採用すれば電磁ノイズを抑制。


一般的な材料・製造プロセスでプリント基板内部に容易に実装可能とされています。


実際に通信評価用ボードを試作しての動作検証を行ったところ……



電磁ノイズが大幅に低減しています。


これによりアンテナ感度は最大約10倍に。


そして実効速度(スループット)は約2倍に向上したとのこと。なお、NECとNECアクセステクニカは今回開発した技術を活用した製品を2013年に発売する予定です。


今回は無線LANでの実証実験が行われていましたが、LTEやWiMAX、AXGPといった各種高速通信規格のスループットを上げられないのかが気になるところ。また、仮に無線LANのみに適用できる技術であったとしても、モバイルルーターに採用すればルーターとパソコンなどの間の通信速度が改善することとなるため、いずれにせよ効果が期待できそうです。


・関連記事
世界最速の24Tbps(毎秒3TB)を光ファイバー1本で実現する技術をNTTやNEC、富士通が開発へ | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】ついに「Tegra 4」正式発表、72コアGPU搭載でSnapdragon圧倒やHDR撮影の高速化も | BUZZAP!(バザップ!)

「USB 3.0」が10Gbps(毎秒1.25GB)に高速化へ、コネクタはそのまま | BUZZAP!(バザップ!)

第5世代Snapdragon「800」「600」登場、2.3GHz駆動の超高性能スマートフォンが実現へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加