NTTドコモが販売店での接客強化、機種変更時などの説明時間を3分の1に



携帯電話を機種変更する際などに、どうしても不便に感じざるを得ないのが販売店での説明の異様な長さですが、NTTドコモが3分の1にまで圧縮したことが明らかになりました。



ドコモ、販売店の接客改善-待ち時間解消で顧客満足度を向上:日刊工業新聞

日刊工業新聞社の報道によると、NTTドコモは全国の約2400店舗、約3万人以上の販売店員に対して機種変更時などに7項目説明していた従来のやり方を改め、必要最低限の2項目を説明するだけにとどめるようにしたそうです。

これは30分以上ユーザーを待たせる割合を従来より3割削減するためのもので、従来は説明に計90分を要していたのが、計30分で済むようになったとのこと。

なお、NTTドコモは民間調査会社が実施した顧客満足度調査で昨年、KDDIに3年ぶりに首位を奪われたことを受けて「お客さま満足度向上RT」を立ち上げ。販売店の接客対応見直しを強化しているとされています。


・関連記事
「ドコモメール」さらに延期、spモードメール現役続行へ | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Z」などの2013年春モデルのスマホを買ってはいけないこれだけの理由 | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ版スマートパスこと「スゴ得コンテンツ(仮)」開始へ、HTML5アプリ開発も | BUZZAP!(バザップ!)

原因は「にわか臭」?ドコモの「dアニメストア」CMに感じるぎこちなさ | BUZZAP!(バザップ!)

「ワンコインSIM」などのMVNOは契約者数にカウントされるのか、NTTドコモに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. 【速報】Xiaomi「POCO F3」神値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル
  4. 【エリア比較】「auは5G、楽天は圏外」楽天モバイルのiPhone 13は一体どこで使えないのか、「基本料0円」で激突のauと比べてみた
  5. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍

モバイルに関連した楽天商品ランキング