フルセグスマートフォン「ARROWS NX F-06E」レビュー、ソフトバンク版と何が違うのか



NTTドコモの2013年夏モデル発表会に登場した「ARROWS NX F-06E」のレビューをお届けします。

ソフトバンクモバイルからも先日フルセグに対応した「ARROWS A 202F」が発表されていましたが、はたして何が違うのでしょうか。



まずは「ARROWS NX F-06E」本体。「ARROWS A 202F」との外見上の違いはほとんどありません。









付属のクレードルの形状もほぼ同じ。




実際に触ってみたところ。NTTドコモのアプリやPalette UIを搭載しているところ以外、ソフトバンク版と特に違いは無いように見えます。

ARROWS NX F-06Eをざっと触ってみた - YouTube


しかしながらドコモ版とソフトバンク版には以下のような違いがあることが判明。画面がやや大きく、カメラの画素数が高い代わりにメモリの容量が小さいのがドコモ版ということになります。

・ディスプレイ
ARROWS NX F-06E:5.2インチフルHD
ARROWS A 202F:5.0インチフルHD

・カメラ
ARROWS NX F-06E:1630万画素
ARROWS A 202F:1310万画素

・内蔵メモリ
ARROWS NX F-06E:32GB
ARROWS A 202F:64GB

なお、「ARROWS NX F-06E」の発売時期は6月中旬を予定しています。

・ARROWS NX F-06E(富士通製)
ディスプレイ:約5.2インチフルHD(1920×1080)液晶
CPU:APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1630万画素
フロントカメラ:130万画素
バッテリー容量:3020mAh
OS:Android 4.2
備考:フルセグ対応

2013夏モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ


・関連記事
NTTドコモが2013年夏モデル発表、フルHDのIGZO液晶搭載「ZETA」などが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーの新型Xperia「Honami」「Togari」の詳細が判明、実現すれば夢のような機種に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE基地局を5万局に急拡大、下り最大150Mbpsサービスを最速で展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が最大72.2Mbpsに高速化、セキュリティも強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがAndroid 4.1、4.2へのOSアップデート対象機種を正式公開 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング