待望の猫型ロボットがスイスで開発される、限りなく猫に近い歩き方に

このエントリーをはてなブックマークに追加



みんな大好き猫型ロボットの開発が進んでいるようです。スイスでまるで猫のような大きさと歩き方をするロボットが開発されています。ペットにできる日はいつになるのでしょうか?

スイス連邦工科大学ローザンヌ校はこの度猫型ロボットを開発しました。とはいえもちろんドラえもんの話ではありません。本物の猫のような大きさで、猫のように歩けるロボットです。

研究者たちによると、この「cheetah-cub robot」は腱の代わりにバネを、筋肉の代わりにモーターを用いることで、時速5kmで四足歩行できるロボットを制作。1秒で体長の7倍の距離を移動することができ、このサイズのロボットの中では最速。


cheetah-cub robotは四肢の構造を猫をモデルに制作しており、猫の走る能力や安定性を取り入れています。膝の柔軟な作りなどは多少の段差をものともせずに進むために非常に有効です。実際の猫と比べている紹介動画は以下から。かなり猫っぽいです。

Cheetah-Cub Quadruped Robot Runs Like A Cat - YouTube


研究に携わるAlexander Sprowitzさんによると、このロボットの制作の現在の目的は、強健で素早く、野生動物のように走れる使いやすいロボットを開発すること。将来的には災害救助から人が入り込むのが困難な地域での調査活動まで、幅広い応用を目指しています。

もちろん猫好きとしてはAIBOの猫型発展版的なペットとしての猫型ロボットの開発にも期待したいですね。歩き方よりむしろあの気まぐれさを再現するのが大変そうですが…。


・関連記事
頭で考えるだけで小型無人ヘリを操縦できる技術をミネソタ大学が開発 BUZZAP!(バザップ!)

飛行機にも持ち込めちゃう?世界初の3Dプリントで作ったプラスチック製の銃がすごい! BUZZAP!(バザップ!)

珍しい?寝落ちしそうになりながらも絶対お風呂から離れない猫がかわいい BUZZAP!(バザップ!)

吊り橋の手すりを綱渡りのように歩くテナガザルのお尻が萌死レベルにかわいい BUZZAP!(バザップ!)

遠隔操作で家に残したペットとスマフォを使って遊べるガジェット「Petcube」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加