充電無しで3日間駆動できるスマートフォンをNTTドコモが投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが3日間バッテリー駆動できるスマートフォンを投入することが明らかになりました。



【株主総会ライブ】NTTドコモ(1) ギャラクシーびいき? 株主質問に「ツートップは商品本位」 (2/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

産経新聞社の報道によると、先日行われたNTTドコモの株主総会において、加藤薫社長がバッテリーが3日間ほど保つスマートフォンを2013年冬モデルとして投入するために技術開発を進めているそうです。

また、「ドコモのツートップ」について寄せられた、日本メーカー製機種の販売にもっと力を入れるべきではという意見については「基本的には国内外を問わずに、お客様に受け入れられる商品を公平に選んでいる。今回もメーカーで選んだということではなく、商品本位で選んでいる」とコメントしたとのこと。

どのような技術開発が進められているのかが気になるところですが、昨今のスマートフォンの長時間駆動対応は基本的に「バッテリーの大容量化」という力技を用いたもので、シャープやパナソニックが6インチ台の大画面モデルを投入すると報じられているため、大型のバッテリー搭載でさらなる長時間駆動……というアプローチを指しているのかもしれません。


・関連記事
悲願のiPhone超えを果たした「ドコモのツートップ」のお寒い実情、貢献してきたシャープも犠牲に | BUZZAP!(バザップ!)

見えてきたドコモ版iPhoneの実現、「ドコモのツートップ」戦略が意味するもの | BUZZAP!(バザップ!)

シャープがIGZO液晶をすべてのスマートフォンとタブレットに搭載へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE対応の小型基地局を導入、「年度内に基地局5万局」を後押しへ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが通話定額を導入へ、VoLTE活用で他社へも話し放題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  2. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載

モバイルに関連した楽天商品ランキング