LTE強化でEMOBILE G4が下り最大42Mbpsから21Mbpsに減速へ、ソフトバンクやウィルコムにも影響

このエントリーをはてなブックマークに追加



イー・モバイルが展開する下り最大42Mbpsの3G(DC-HSDPA)サービス「EMOBILE G4」が下り最大21Mbpsに減速されることが発表されました。



LTEサービス 下り(受信時)最大75Mbps対応エリア拡大に伴う下り(受信時)最大42Mbps対応エリアの21Mbps化について|報道発表資料|イー・アクセス

イー・モバイルのプレスリリースによると、2013年8月中旬から「EMOBILE G4」の通信速度が下り最大42Mbpsから下り最大21Mbpsへと変更されるそうです。

これはイー・モバイルに割り当てられている周波数帯域を3GからLTEに振り向けることで、現在下り最大37.5Mbpsで展開されている「EMOBILE LTE」のエリアを下り最大75Mbpsに引き上げるための措置。

現在下り最大42Mbps対応端末(GP02、GP03、GD01、D41HW)を利用しているユーザーは継続して3Gサービスの利用も可能ですが、より高速なサービスへの乗り換えについての案内をする予定としています。

なお、すでにイー・モバイルのネットワークにおいてはLTEの通信量が3Gを上回っているため、周波数利用効率の高いLTEへの移行を一気に進めることで、より高速で快適な通信を期待できそうです。

データし放題対応サブエリア」の通信速度が変更となります | お知らせ | ソフトバンクモバイル

「サブエリア」の通信速度が変更になります | ウィルコム(WILLCOM)

ちなみにソフトバンクモバイル、ウィルコムのプレスリリースによると、イー・モバイルのネットワークを利用して提供している「データし放題対応サブエリア」の通信速度も下り最大21Mbpsへと変更される予定。

対象端末は007Z、005HW、101SBの3機種で、これらの機種のソフトバンク版を利用しているユーザーに対してはSoftbank 4Gへの移行が促されるとされています。


・関連記事
「EMOBILE LTE」が月額2480円に、一部店舗で特別セール実施中 | BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】イー・モバイルが本社を移転か、ソフトバンクと同じビルに | BUZZAP!(バザップ!)

「STREAM X GL07S」レビュー、端末代・通信費・テザリング込みでなんと月額3880円 | BUZZAP!(バザップ!)

イー・モバイルが下り最大300MbpsのLTEを実験へ、現行の4倍の速度に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 1万円台の格安スマホ「UMIDIGI A7 Pro」が大きく値下げ、4眼カメラに大容量バッテリー搭載
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に

モバイルに関連した楽天商品ランキング