電波状況に満足できない場合は返品可能、ソフトバンクが「バリバリバンバンキャンペーン」を展開

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルが「バリバリバンバンキャンペーン」を展開することを発表しました。



「バリバリバンバンキャンペーン」を7月18日より開始 | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、同社は7月18日(木)から3つのキャンペーンを組み合わせた「バリバリバンバンキャンペーン」を展開するそうです。各キャンペーンの詳細は以下の通り。

・「バンバンのりかえ割」
他社からの乗り換えでスマートフォンを契約したユーザーに対して、「ホワイトプラン基本使用料2年間0円」「ソフトバンクポイント2万4000ポイント」「SoftBank HealthCare月額使用料2年間0円、ホワイトプラン基本使用料1年間0円」から特典を選べるキャンペーン。7月18日(木)から実施。

・返品
他社から「SoftBank 4G」「SoftBank 4G LTE」対応スマートフォンに乗り換え、電波状況に満足できなかった場合、契約から8日以内であれば返品可能。7月18日(木)から実施。

・「バリバリつなガレー」キャンペーン
ソフトバンク携帯電話取扱店で携帯電話やPHSを見せると白戸家の「お父さん」イラストをパッケージにプリントした「バリバリつなガレー」プレゼント。さらにパッケージ裏面のQRコードからキャンペーンサイトにアクセスし、応募したユーザーから抽選で1000名に「お父さんカレー皿&スプーンセット」が当たるというもの。7月26日(金)から実施。


また、7月23日(火)からソフトバンク携帯電話取扱店に来店して携帯電話やPHSを見せると、QRコードからキャンペーンサイトにアクセスし、記載されているシリアルナンバーを入力すれば白戸家の「お父さん」限定LINEスタンプがもらえる「バリバリつなガレーLINEスタンプカード」を配布。限定スタンプは8月31日までダウンロード可能です。


スマートフォン向け健康管理「SoftBank HealthCare」を7月18日より提供開始 | ソフトバンクモバイル株式会社

さらに「20年後の自分」を見せつけて心を折り、「このようになりたくなければ……」とユーザーに適切な運動などを促す、ある意味革新的な新サービス「SoftBank HealthCare」も7月18日から提供開始。サービス開始時点ではiPhone 4SとiPhone 5に対応しており、8月以降に「AQUOS PHONE Xx 206SH」にも対応予定。

「SoftBank HealthCare」は「Fitbit」と呼ばれるリストバンドを装着することで、歩数や距離、消費カロリーなどの活動量や眠りの状態などを測定。クラウドで分析されたデータから、生活改善などに向けたアドバイスが行われるほか、看護師や栄養士、医師などの専門家に無料で電話相談も可能なサービスです。



利用料金は月額525円で、申し込みから2年以内に「SoftBank HealthCare」の解約、携帯電話利用の解約、回線の譲渡・承継、SoftBank HealthCareの非対応機種への機種変更が行われた場合、契約解除料7500円が発生。

ちなみに運動や食生活に気を使わずに20年が経過した場合の未来予測はこんな感じです。

「未来の顔」に心が折れそうになるSoftBank HealthCare - YouTube



・関連記事
iPhone 5Sは下り最大150MbpsのLTEに対応か、日本でも実現可能に | BUZZAP!(バザップ!)

「iPhone 5S」はLTEとTD-LTE(AXGP)両対応か、ソフトバンクが意味深なコメント | BUZZAP!(バザップ!)

「20年後の自分」を見せつけて心を折りにくる新サービス「SoftBank HealthCare」 | BUZZAP!(バザップ!)

LTE強化でEMOBILE G4が下り最大42Mbpsから21Mbpsに減速へ、ソフトバンクやウィルコムにも影響 | BUZZAP!(バザップ!)

ウィルコムが会社更生手続を繰り上げ終結、ソフトバンクの連結子会社に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがスプリントの子会社化を完了、クリヤワイヤも獲得済み | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加