シュールで艶かしい、人体のパーツで作られた荒野の風景写真集「Bodyspaces」

このエントリーをはてなブックマークに追加



人間の体は時に自然に例えられます。でも自然の風景を丸ごと人体で作り上げるとまるでシュールレアリスム絵画のような奇妙な事になってしまいます。

写真家のCarl Warnerさんが作成したシリーズ「Bodyscapes」は人間の様々な体のパーツを組み合わせて作られた風景写真。切り立った岩山や暗い洞窟、なだらかな平野などが人体の各部を組み合わせて表現されています。

一本の木も生えておらず、灰色の空の下に広がる風景はダリの絵画を思わせるような、どこか奇妙な妖艶さに満ちて不安をかきたてます。















いったいどんな歩き心地なんでしょうか。妙に男性的な雰囲気が漂っていますが。


・関連記事
【食事中注意】パンで作った都市が6ヶ月で腐海に沈む様子を撮影し続けた写真作品「Decor」 BUZZAP!(バザップ!)

人が住むようには見えない、香港の幾何学的なマンションに目がくらむ BUZZAP!(バザップ!)

レトロながらサイバーパンク、機械に潜む小人たちを描くミニチュア写真作品「Ghosts in the Machine」 BUZZAP!(バザップ!)

やっぱりすごい!世界的な絵画の巨匠14人が最初に描いた作品 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加