防水・防塵対応でQWERTYキーボード搭載、「Droid 5」の本体画像が流出



Motorolaが開発中とされるスマートフォン「Droid 5」の本体画像が流出しました。

国内では2年前にリリースされたきりとなっているQWERTYキーボードを備えているほか、防水・防塵やワイヤレス充電にも対応しています。



Motorola Droid 5 leaked, support wireless charging

この記事によると、Motorolaは4.3~4.5インチディスプレイとスライド式キーボードを備えた「Droid 5」を開発中であるそうです。

流出した「Droid 5」本体の写真。Verizon向けのモデルとされています。


スライド式QWERTYキーボードを備えた端末であるにもかかわらず、防水・防塵に対応。さらにNFCやワイヤレス充電機能を搭載しています。


どの携帯電話・PHS会社の関係者に後継機の登場予定を聞いても複雑な表情をされてしまうQWERTYキーボード搭載モデル。今年春にはタッチパネルを2枚搭載することで、上画面を見ながら下画面で文字入力できる「MEDIAS W」が発売されましたが、お世辞にも高いといえないスペックであった上に、NEC自体がスマートフォン事業から撤退してしまいました。


テキストメッセージやTwitterなど、さまざまなシーンにおいて快適な文字入力を実現できるため、今でも海外で新機種がリリースされているのであれば、調達してくれる会社が1社くらいあっても良さそうなものですが、各社がラインナップの絞り込みを進めている現状を考えると、望み薄と言わざるを得ません。

・関連記事
ついにスライド式QWERTYキーボード搭載スマートフォンの新機種が「ゼロ」に | BUZZAP!(バザップ!)

W-ZERO3ユーザーの見果てぬ夢、QWERTYキーボード搭載スマートフォンまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

「Xperia Pro」などのQWERTYキーボード付きXperia、日本未発売のまま廃盤に | BUZZAP!(バザップ!)

「MEDIAS W N-05E」フォトレビュー、国内初の2画面スマートフォン | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング