NTTドコモがLTEエリアを3Gと同水準にまで拡大へ、auも基地局6割増しに

このエントリーをはてなブックマークに追加



大手3社がLTE整備でしのぎを削る中、NTTドコモが3Gと同水準にまでLTEエリアを拡大することが明らかになりました。いち早く実人口カバー率99%を達成したKDDIも、さらに整備を進めるそうです。詳細は以下から。

ドコモ、高速通信LTEに4000億円投資 全国カバー  :日本経済新聞

日本経済新聞社の報道によると、NTTドコモが2015年3月期に4000億円を投じ、LTE基地局の整備を進めるそうです。

これは前期比で約2割積み増した額で、今期中に約4万局を新設。2014年3月末時点で開設されている約5万5000局と合わせて10万局規模になるとのことで、3Gを利用できるエリアであれば、ほぼどこでもLTEを使えるようになるとのこと。

また、2014年3月に実人口カバー率99%を達成したKDDIも今夏をめどにLTE基地局数を昨夏より約6割多い9万4000局に増やす予定。今後は鉄道沿線で基地局を増やし、速度が落ちやすいラッシュ時などに対応するとしています。

ちなみに携帯各社は音声をデータ化してLTEのパケット通信網でやりとりすることで、高音質かつ安価な通話が期待できるとされている次世代通話サービス「VoLTE(ヴォルテ)」を年内にも展開予定。

さらに複数の周波数帯のLTEネットワークを束ねることで通信速度を向上させる「LTE-Advanced」も年内にサービスインする予定であることをKDDIの田中社長が明かすなど、LTEネットワーク完成後のサービスについての展望が見えつつあります。

Microsoft Windows 8.1 (DSP版) 64bit 日本語
マイクロソフト(DSP) (2013-10-18)
売り上げランキング: 9

・関連記事
KDDIやソフトバンクがNTTのセット割解禁に戦々恐々とするワケ | BUZZAP!(バザップ!)

LTE契約数が1年で3倍に急拡大、光ファイバーを大きく上回る | BUZZAP!(バザップ!)

コンビニすら出店しない僻地でもLTEがつながるのはauと判明 | BUZZAP!(バザップ!)

KDDI(au)が年内に「LTE-Advanced」「VoLTE」開始へ、新定額サービスも | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが200倍の通信量を処理できる「三次元空間セル構成技術」を公開実験、LTE-Advancedにも対応 | BUZZAP!(バザップ!)

携帯各社の次世代通話サービス「VoLTE」はどれだけすごいのか | BUZZAP!(バザップ!)

通信速度は100倍以上に、第5世代携帯電話(5G)を支える技術をNTTドコモが公開 | BUZZAP!(バザップ!)

携帯電話基地局のカバーエリアを1.7倍に拡大できるアンテナをNTTドコモが開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加