【追記あり】路上に描かれる3Dアートをビーチでやってみたらこんな素敵なことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



路上にチョークなどで描かれることの多い3Dアート。これをビーチでやってみたらどうなるのか。ニュージーランドのアーティストがチャレンジしました。面白い可能性が満載です。

ニュージーランド北島の街タウランガのマウント・マウンガヌイのビーチで、地元のアーテイストJamie Harkinsさんたちが試みたのは、通常歩道にチョークなどで描かれる3Dアートをビーチでやってしまおうという試み。Harkinsさんはこのアートについて

「これまでビーチの砂に絵を描いている人はいたんだけど、それはみんな幾何学模様のパターンばかりだったんだ。それで僕たちは3Dアートをここでやってみようと思ったんだ。これのいいところはその日の終わりには潮が満ちて消えちゃうところだね」


と語っています。この日に描かれたのはこの、海とマリンスポーツをテーマにした線描風のもの。シンプルながら味わい深い趣です。


この発想の3Dアート、ビーチの雰囲気や砂の質感を活かしていろいろなアイディアで展開できそうです。人の多い日本のビーチではちょっと難しそうですが。

【追記】
さらに素敵な3Dアートが多数アップされたので追記。これは面白いですね。









3D artists give beach a new dimension - Entertainment - NZ Herald News

サンドピクチャー アース W4(22×33センチ)
Rainbow Vision (2009-06-29)
売り上げランキング: 24,513

・関連記事
どこまでが現実?3Dアートの中を疾走するホンダのCM BUZZAP!(バザップ!)

2次元に見えない路上の3Dアートはいかにして描かれるのかが分かる動画 BUZZAP!(バザップ!)

その儚さが美しい、アンドレス・アマドール(Andres Amador)の巨大なサンドアート BUZZAP!(バザップ!)

足跡だけで雪の上に描かれたとんでもない巨大ミステリーサークル BUZZAP!(バザップ!)

神々と現実の錯綜する、幻想的かつ黙示録的なKris Kuksiの彫刻がすごい BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加