このところ話題の「鶏ハム」を万能調味料「塩レモン」を使って作ってみました

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前より簡単で美味しいと静かなブームの続いている鶏ハムを先日ご紹介した自家製塩レモン風味で自作してみました。激ウマでしたのでレポートします。

2ちゃんねる発とも言われ、ネットでも多くのレシピが公開されている鶏ハム。安い鶏胸肉とラップと鍋だけで簡単に作れることもあり、おつまみやサラダのトッピングなどにぴったりだと人気です。

この鶏ハムを先日BUZZAP!で紹介した塩レモンを使い、さわやかなレモン風味をプラスして自作してみました。驚くほど簡単でコスパ最強です。まず塩レモンが必要なので作り方は以下から。

何にでも使える話題の万能調味料「塩レモン」をより使いやすく独自レシピで制作してみました BUZZAP!(バザップ!)

材料
・鶏胸肉1枚
・塩レモン10g
・砂糖少々
・胡椒少々

※サランラップ、手鍋を用意します


まずは鶏胸肉を用意します。レシピによっては皮を除く場合もありますが、個人的な好みから今回は外しません。


胸肉を薄く開きます。やり方は以下のサイトなどを参照に。皮のある面に先に塩レモンの塩と胡椒、砂糖をまぶしておきます。

鶏胸肉の観音開き 写真付き レシピ・作り方 by 紫君子蘭|楽天レシピ



ひっくり返して開いた面に軽く切れ込みを入れて味をなじみやすくします。


十分に馴染んだ塩レモンの瓶からレモンを取り出し、半分ペースト状になるまで包丁で叩きます。梅肉和えを作る時に梅干しを叩く要領です。


このペーストを先ほど切れ込みを入れた面に塗りたくり、胡椒と砂糖もまぶします。


ペーストを塗った面を巻き込むようにくるりと巻きます。巻き寿司のような感じで、厚さができるだけ均一になるように注意して下さい。


巻いたらラップを用意。


ここに載せて


手前から被せます。厚さはここで再び整形。


転がすように丸め、横の余った部分をキャンディーの包み紙のようにねじります。


ここにさらにもう一度ラップを巻きます。ここまでできたら冷蔵庫に入れて1日寝かせます。この間にじっくり味が染み込み、砂糖によって柔らかくなります。


1日後、冷蔵庫から出して1時間ほど置いて常温に戻し、その間に手鍋にお湯をたっぷり沸かします。そして沸騰したらどぼんと鶏胸肉をラップごと入れます。そのまま1分程度から、大きめなら3分程度沸騰させ、火を止めて蓋をし、お湯が室温程度に下がるまで放置します。


そうするとこの通り、鶏ハムの完成です。


切ってみるとこんな感じ。しっかり中まで火が通っています。塩味がしっかり効いていてほんのりと酸味とレモンの香りが漂います。


そのままおつまみにしてもよいですし、ほぐしながらサラダや冷やし中華にも最適。汁が出ないのでサンドイッチの具にもぴったりです。切る前なら冷凍保存もできますので、多めに作って凍らせておくのもよいでしょう。いろいろなアイディアで活用してみてください。

エラい!鶏むね肉レシピ―使いみちいろいろ70レシピ (レタスクラブMOOK)

角川SSコミュニケーションズ (2010-06-29)
売り上げランキング: 266,282

・関連記事
何にでも使える話題の万能調味料「塩レモン」をより使いやすく独自レシピで制作してみました BUZZAP!(バザップ!)

世界美食No.1にも輝いた「マッサマンカレー」のニッスイ製タイカレー缶詰試食レビュー BUZZAP!(バザップ!)

猫好き瞬殺、コーヒーに入れて楽しむ「猫型マシュマロ」がかわゆすぎる BUZZAP!(バザップ!)

最近日本でもよく見るオーストラリアの国民的チョコレート菓子、ティムタム(TimTam)が100倍美味しくなる「本当の食べ方」 BUZZAP!(バザップ!)

いなばが遂にインドに進出!「いなばチキンとインドカレー(バターチキン)」を食べてみました BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加