ジーンズのあの「小さなポケット」はいったい何のためについているのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加



ジーンズを買うと、右前のポケットにさらに小さなポケットが付いています。これはいったい何のためのものでしょうか?

ジーンズメーカーは数あれど、ほぼどのメーカーのジーンズを買っても右前のポケットの中に小さなポケットが付いているのを不思議に思ったことはありませんか?このポケットはいったい何を入れるためのものなのでしょうか?

ジーンズが生まれたのはそもそも19世紀の中頃のこと。アメリカ大陸西海岸がゴールドラッシュに湧き、カリフォルニアがアメリカ合衆国第31番目の州となったばかりの1853年、サンフランシスコのベイエリアにリーヴァイ・ストラウスが「リーバイ・ストラウス社」を設立し、キャンバス地による港湾労働者向けの作業用パンツを製造しました。これが後のリーバイスです。

その後1870年代に現在のジーンズの原型が完成し、1880年代に素材をデニムに変更して現存する歳このジーンズが生まれることとなります。ところでこの時代の時計といえば懐中時計がメジャーで、腕時計は一点ものを除きほとんど流通していません。

そう、この小さなポケットは元々は懐中時計を入れるためのウォッチポケットと呼ばれるものだったのです。特にカウボーイらはベストに懐中時計を入れていたのですが、破損を防ぎ安全に保管するためにこのポケットが取り付けられたというわけです。

しかし20世紀に入り、懐中時計は腕時計にそのシェアを奪われてゆきました。それに従ってウォッチポケットも無用の長物となってゆき、ジーンズメーカーはこのポケットをサイズダウンし、コインポケットと名前を変更し、現代に至ります。

単なる飾りだと思って一度も物を入れたことがないという人も少なく無いとは思いますが、2015年における一番の正解は小銭を入れるということになります。もちろん自転車の鍵やUSBメモリ、切符や飴ちゃん、ライターなど、すぐに出したいけれど大きなポケットに入れると紛れてしまいそうな小物であれば何でも入れられます。

せっかく歴史の中で形を変えながらも生き残ってきたこのコインポケット、虫垂のような痕跡器官にしてしまうのはもったいないので、独自の使い方を編み出してみるのも良いのではないでしょうか。

Here’s What That Tiny Pocket Above Your Jeans Pocket Is ACTUALLY Meant For!

完本ブルー・ジーンズ
出石 尚三
新潮社
売り上げランキング: 194,858

・関連記事
おならの臭いを外に漏らさず強力に消臭できるパジャマ&ジーンズが登場 | BUZZAP!(バザップ!)

誰得感がハンパないスマートフォン専用ジーンズ「DELTA415 Wearcom jeans」 | BUZZAP!(バザップ!)

安心院さんの手ブラジーンズ姿が公開中、GAINAX公式ページが「めだかボックス」仕様に | BUZZAP!(バザップ!)

「手を使わずにズボンを履く方法」の動画があまりにも華麗すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

どこの妖怪だよ?巨大ズボンで街中で踊りまくる女の子が人気に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加