Huaweiが11月に有機EL採用「折りたたみスマホ」発売へ、2019年前半までに各社が一挙参入し低価格モデルも



18:9ディスプレイ、デュアルカメラの次は「折りたたみ」がトレンドになりそうです。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道(12)によると、Huaweiは2018年11月に史上初となる有機ELディスプレイを使った折りたたみスマホを発売するそうです。

他にもSamsung、Xiaomi、Oppo、Vivoといったスマホ世界シェア上位メーカーたちが2018年後半から2019年前半にかけて一斉に折りたたみスマホを発売する予定で、Huaweiはいち早く発売にこぎ着けることで機先を制する方針。

Huaweiは有機ELで大きく先行するSamsungでなく、有機ELの量産を開始する中国のBOEからパネルを調達するとされています。

また、XiaomiやOppoなどの中国メーカーも、BOEやVisionox、Tianma Microelectronics、Visionox、Everdisplay Optronicsといった中国の地場パネルメーカーおよびLG Displayから有機ELパネルを調達する予定。

Samsungが「Winner」と呼ばれるコードネームで開発中の折りたたみスマホが20~30万円台の超プレミアムフォンになる可能性があるのに対し、中国勢には半額程度でリリースするメーカーもあるとのこと。

なお、折りたたみスマホの特許を相次いで取得するなど、水面下で動きを見せているしているAppleは製品化に慎重で、2020年まで発売しないと見込む市場関係者もいるとされています。

かねてからLenovoがCEATEC JAPANなどで参考出品している折りたたみスマホ「Folio」。ようやくスマホがただの「一枚板」から進化することになりそうです。


・関連記事
売り切れ相次ぐ大人気格安スマホ「Huawei Honor 10」値下げして再販、P20 Proと同じ処理能力に本格2眼カメラ搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

新型iPhoneの有機ELパネルをLGが納入へ、Huaweiは中国製採用で日本勢が"置いてきぼり"に | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELテレビ値下がりへ、世界最大手のLGディスプレイが液晶から一気に転換 | BUZZAP!(バザップ!)

有機ELパネル次第で製品化?Lenovoの折りたたみスマホ「Folio」レビュー | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 楽天モバイルやpovo 2.0対抗の新プラン「合理的シンプル290」を日本通信が開始、月額290円で1GB使えて通話料も半額、しかもドコモ回線採用
  2. 【速報】楽天モバイル「3ヶ月無料」突然終了へ、新たなキャンペーンへの布石か
  3. 【速報】1万円の超格安8インチタブレット「Alldocube Smile 1」登場、便利な片手持ちサイズでナビにも使えるSIMフリーモデル
  4. 【速報】Xiaomi「POCO F3」3万円に値下げ、10万円級の性能でiPhone 13 Pro Maxと同じ120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、ゲーマー向け液冷機構搭載の格安スマホ
  5. 実質3万円台で5G対応の新型「iPhone SE(第3世代)」は4~5月発売、部品製造も開始へ

モバイルに関連した楽天商品ランキング