auがコミケ95の混雑対策に本気、車載型・可搬型基地局や人間Wi-Fiを一挙投入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



2018年12月29日~31日にかけて開催される「コミックマーケット95」で、auがつながりやすい環境の構築に本気を出します。詳細は以下から。

KDDI公式サイトの特設ページによると、コミックマーケット95に向けてauは車載型基地局3台、可搬型基地局8台、さらに人間Wi-Fiを投入し、万全の体制で臨むそうです。


具体的な配置はこんな感じ。待機列が発生する東館駐車場を車載・可搬型基地局で重点的に対策するほか、国際展示場前の待機列も対策します。


なお、auはかねてからコミケ対策に並々ならぬ力を注いでおり、2013年夏には携帯各社で初となる痛車仕様の車載型基地局を投入。同年冬には進撃の巨人コラボとして、車載型基地局どころか調査兵団仕様の人間Wi-Fiがお目見えしました。

・関連記事
au公式ご乱心、KDDI社員が弱虫ペダルのOPを本気で再現 | BUZZAP!(バザップ!)

【大丈夫?】ソフトバンク、コミケ95にまさかの移動基地局車出動ゼロ | BUZZAP!(バザップ!)

アニメのチョイスと乱心っぷりが絶妙、auのコミケコラボ企画を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

au公式再び乱心、今度はKDDI社員が「デュラララ!!」のEDを本気で再現 | BUZZAP!(バザップ!)

調査兵団仕様の人間Wi-Fiがゲリラ参戦、KDDIがコミケで「進撃の巨人」と本気のコラボ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加